13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

アンジュルム札幌公演へ行ってきました

10/14(祝・月)に札幌PENNY LANE24で開催されたアンジュルム ライブツアー2019夏秋「Next Page」へ行ってきました。

先月、9/25に勝田里奈ちゃん(りなぷー)が卒業して初の単独ライブが我が地元で開かれるのに行かない選択肢などありません。そりゃ本当はりなぷーがいるうちに、あやちょがいるうちにライブハウスツアーも札幌で見たかったんですけど。

で!も!先日の橋迫鈴ちゃんが本格的にパフォーマンスで加わった初のライブハウスツアーですから、それはそれで楽しみな訳です。

 

グッズ売り場

家の用事を済ませてから、祝日ダイヤなのを忘れて一本乗り遅れて会場へ到着したのがグッズ販売開始時刻の20分ほど前。かななんファンのお友達のために日替わり写真を購入するぞ!と並んだものの、本当に目の前で写真が売切れました。よく行く食堂だと売切れ表示になっても2~3食残っていたりするから、グッズもワンチャンあるかも!と売り子さんに尋ねてみましたが、中西香菜ちゃん日替わり写真は完売していました。その後で焼き増しして再発売したりしないかな~?と昼公演が終わった後にもグッズ覗いてみましたがありませんでした。

今回から新しく持ち手が青のペンライトが発売になりました。そして、メンバーの名前がメンバーカラーでわーーーっとプリントされたTシャツも発売されました。私はバックプリントのグループ名の色が好きなので買ってみました。

開場前の時間いっぱいいっぱいまで購入列は途絶えなかったようです。

昔はグッズ列なんて出来なかったのに…的な声も聞きますが、売っている物とか買う層とか諸々だと思うんで揶揄されるのはちょっとなぁと思ったり。

 

客層

地元おまいつアンジュルムおまいつ若い女の子がごっちゃりいました。ただ、よく北海道は女性が多い!とか言われるのですが、そんなに多いですかね。武道館とかしか行かないから今一つ比較要素が分かりません。そして少なくとも昼も夜も450名以上は入ったようです。最新のTシャツを着る人、過去のツアーTシャツを着る人、BDイベントのTシャツを着る人、先日のりなぷー卒コンのTシャツを着る人、自作Tシャツの人、おしゃれな人、良い意味でまとまりがなかったです。

 

昼公演

最推しである和田彩花さん(あやちょ)がいなくなったこのタイミングで今までで一番の良番が来ました。これは最前列いける!!

と入場列に並ぶとまさかの自分より前の番号ほぼ女性という驚きの状況。*1最前列は無理か?と思ったら、下手に用意された女限の広さがかつてない多分0.5くらいの位置まで広がっていました。

遂に!ついにきたぞー!!!と喜びの勝鬨を上げようとしてから、「でも、奥行きはないね」と近くの方。確かに。ただ、以前のライブハウスツアーよりは少し広がったと思います。

最前列なのでたじろぐ程にメンバーが近く、足元までしっかり見えるのでダンスもしっかりしっかり見る事が出来ました。いつも盛り上がっているうちに終わってしまっていた某曲の床スレスレのダンス技も遂に間近で見る事が出来て、「ひゃあ、カッコいい!」となりました。

こんなに視界が良好なので、好きなメンバーが近くに来たらそのメンバーを、より近くにメンバーが来たらそのメンバーを見るようにしたんですけど、やっぱり目と処理する頭が足りません。どのメンバーもキラッキラしていて至福のひと時を過ごす事が出来ました。

 

 

夜公演

うってかわって勘違いしてFC優先で購入しなかったので限りなく後ろで見る事になりました。…が、こんな良いライブはなるたけ沢山の人によく見て欲しいし、私はさっきあんなに良い視界で夢のようなひと時を過ごせたのだから十分だなと後ろでコールとかコールとかしてみる事にしました*2

なんか悪ふざけっぽくガヤってるお客さんがいて(※多分、自分の近くしか影響なかったと思う)、そのせいでちょっとMCが聞き取りにくかったりして、それはちょっとポカンと殴りたい気分にはなったのですが、ライブ自体はとても楽しくて、終演後は

 アンジュルムたいこーbotと化してしまいました。

チケット持っているけど入ろうかどうか迷っている方は、安心して行ってください。チケット持っていないけど入りたい方は当日券の可能性がなくもないらしいので、行きたい会場が過去に当日券を出したかどうか確認した上で可能性に賭けてください。

当人たちも秋ツアーの初日と感じていた新しい第一歩、間違いなく良いライブでした。

 

*1:って思ったけど、グループで購入してたらのうなる事はなりますね

*2:昼もしていた