読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

筋肉少女帯の新譜「蔦からまるQの惑星」(通称:蔦Q)を聴く

king-show

オレ流レビューをしてみよう

私が野球観戦後に必死にフラゲしに行った*1蔦Qが発売されて早一週間。雑誌や他のブログ主さんがちゃんとしたレビューを書かれるのは目に見えているので、私は私が思ったこと、連想した事を書く事にします。

蔦からまるQの惑星

蔦からまるQの惑星

「Q」曲目の「若いコとドライブ〜80'sからきた恋人〜」を。
この曲を聴いて浮かぶ情景は、ちょっと蒸しているような夕暮れ時。曲調に反して切ない歌詞です。(一見明るいけど)
昔、森若香織さんが雑誌で「悲しい曲を悲しい曲調で書くのは、誰だってできる。明るい曲調でも悲しさを表現」云々という事を言っていたのをつい思い出します。

私はこの曲の歌詞を聴いて、即座に漫画の神様・手塚治虫先生の「火の鳥・望郷篇」を思い出しました。

火の鳥 6・望郷編

火の鳥 6・望郷編

こちらの話も大スペクタクルです。興味のある方は、是非一度読んでみて下さい。私は何度読んでも泣いてしまいます。


↓↓(歌詞の内容に触れるので、未聴の方のネタバレにならないよう折り畳みます。)↓↓
80年代からやってきた死んだ恋人、現代にいられるタイムリミットは夕暮れ、

「海だ なんにも 変わってない」

と叫ぶ彼女。


漫画のストーリーの大筋と歌詞がリンクしていく箇所はありません。しかし、情景や一部の状況が火の鳥のそれを思い出させて、何ともおセンチな気持ちになってしまうのです。
海に行って、気付けば(?・消えた瞬間は分かったのか、振り返るといなかったのか?)いなくなった彼女は、打ち寄せる波でさっと消えていく砂の城のように、何事もなかったように消えたのでしょうか。しかし、恋人の心には強烈に彼女の姿、声、思い出が焼き付けられているのだろうなと思うと、より切ない気持ちになるのです。

このえせレビューから何も伝わらなくて悔しかったら、是非「蔦Q」をお買いあげ下さいw*2

*1:遠方で予約してしまい、結局発売日になってから聴いた。FF7発売時にも同じ失敗をしている

*2:と言いつつ、未聴の人対策で折り畳んでいるこの矛盾