13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

Scansnap S1300iを買いました

以前より時々欲しくなってはそこまで必要ないなと己を納得させていたのですが、遂にScansnapを購入するに至りました。

 

 

欲しい動機

買いためていた雑誌を厳選しつつ、残しておきたいという願望があったのですが、なかなかScansnap購入に踏み切れずにいました。

家族のアルバム写真を厳選するように言われたので、ちまちまと家の複合機のスキャン機能で保存していたものの、せっかくなのでScansnapを買うことにしました。

 

主な用途は上に述べた通りです。私は何かを研究していたり、大量のスキャンを行う訳ではないので最上位機種を買う必要はない。しかし、両面スキャンがあった方が便利。外へ持ち歩く必要はない。などを考慮した結果、S1300iの購入に踏み切りました。

 

富士通 スキャナー ScanSnap S1300i (A4両面)

富士通 スキャナー ScanSnap S1300i (A4両面)

  • 発売日: 2015/02/06
  • メディア: Personal Computers
 

 

 

レンタルか中古購入か新品購入か

家族のアルバムに焦点を置いた場合、レンタルでも良いのではと思ったのですが、休日に一気に仕上げる気力体力の自信がなかったので断念。

次に少しでも安くあげるために中古購入も考えたものの、箱があった方が良いのではないかとか新品の方がローラーの摩耗は少なさそうだなという考えから、新品を購入しました。

 

届きました。こんなサイズ感

そうなると細やかながらもキャッシュレス還元に間に合うように2020年6月中に購入しなくてはなぁ~。と思っていたら、ポチってました。そして届きました。

分かりやすいように比較物も置きました。f:id:hawking:20200627212829j:image

とにかく外装の箱もコンパクトです。

そして、開封しました。

f:id:hawking:20200627212910j:image

Blu-rayを2枚並べるよりも省スペースです。

 

早速スキャン!

早速かさを減らしたかった雑誌数冊を試してみました。

オレンジページ…成功

ROCKIN' ON JAPAN…成功

QUICK JAPAN…成功

BLT…一部除いて成功

週刊ダイヤモンド…失敗

f:id:hawking:20200627213806j:image

無残にもヨレました。少しツルツルとした紙面を連続給紙すると上手くいかないのかもしれません。本編は死守したかったので、手元にあったクリアファイルに入れると終盤で滑って少し斜めになったものの何とかスキャン自体は出来ました。

 

f:id:hawking:20200627215043j:plain

クリアファイルに入れてのスキャン。少しゆがむ(画像は一部成功と書いたBLT誌のもの)

そのうちにクリアファイルではなく、一枚ずつの結果も試してみたいと思います。

 

 

 

帯に短し襷に長し

新型コロナウイルスに伴う諸々の出来事。緊急事態宣言が出され、世の中はテレワーク、おこもり、おうち時間。

 

よし、私もこのビッグウェーブに…と思ったら、時々「この日は出社人数多いので来ないで」と自宅待機を申し渡される日があったものの、基本的に以前と全く変わらない勤務状態です。

テレワークできる業種ではないため、自宅待機の日は休みということになるものの、おうち時間的な時間の過ごし方をするには短過ぎて、気分的には帯に短し襷に長しなのです。

 

 

時々楽しそうなアクテビティを見かけて真似をしたい、羨ましいと思うのですが、それとて本来は起こらない筈だったアクシデントを如何に和らげて過ごすかの結果の産物なんですよね。

 

去年から何となく考え方だったり、ライフスタイルというものは今後数年で私が親が生まれた時を振り返るくらいの変化を遂げるのかもなぁ*1と思っていたものの、まさかその変化がこんな力づくなもので訪れようとは。もちろん、良い意味での変化もここ数年でもたらされる希望は持ったままです。

 

ただ、諸々の新しいアクテビティへの挑戦はさておいても、日替わり写真の整理はきちんと着手したいところです。有給休暇取るかな。

 

とりあえずゾンビ映画をそれなりに好きな人としては警戒は怠らないようにしつつ、日々勤労に励みたいと思います。

f:id:hawking:20200524222857j:image
f:id:hawking:20200524222907j:image
f:id:hawking:20200524222852j:image
f:id:hawking:20200524222914j:image

*1:ネガティブではなく良い意味で

再開された「みんなのミュシャ展」へ

f:id:hawking:20200404225038j:plain

 

東京のbunkamuraで「みんなのミュシャ展」が開催された時、正直行けなくもないタイミングだったんです。でも、札幌へ巡回してくれる事が分かっていたので、ここは地元に忠義を示そう(?)と思って東京での鑑賞は回避しました。巡回する美術展って案外北海道までやって来てくれないんですよね。だから、ニーズがあるんですよという気持ちを示すために前売券を買いました。前売券を取り扱っている場所数か所回ってようやく絵柄入りのオリジナル前売券を札幌市教育文化会館でゲットして、吹雪だと運転が怖いから春先になったら行こう!と決めていたのです。

 

コロナ禍で休館そして再開

北海道はいち早く緊急事態宣言が出されました。それもあって美術館・博物館等は臨時休館となりました。このまま見れずに会期は終わってしまうのか…と思っていたら、公開が再開される事になりました。入場時に検温等の対策を講じてとのことです。マスクやペーパータオル、念のためハンドソープ等も携えて芸術の森美術館へ行く事にしました。ただ、「安全策を講じている」の具体的内容が検温以外よく分かっていなかったので、「もしも不安を感じるような状態だったら、入らずに帰る」と家族に宣言*1をして向かいました。

 

札幌市芸術の森美術館のコロナ対策~入場前

美術館が9:45~との事だったので、余裕を持って9:15頃に到着しました。有料駐車場へ入る際にはミュシャ展以外はやっていませんよ、チケットはありますか?という意味合いの事を尋ねられました。駐車場では車内に留まっている人も見かけましたが、たまには外を歩きたかったので美術館へ向かっていくと入場待ちの行列が見えました。

f:id:hawking:20200404225129j:plain
f:id:hawking:20200404225350j:plain
芸術の森美術館入場列


列に並ぼうとするとまず

  • チケットを既に持っているか
  • チケットの種別は、「前売券」「招待券」か「時間指定券」か

を尋ねられます。コロナ対策として当日券はなくなり、代わりにチケットぴあで「時間指定券」を購入するようです。会場でのチケット販売は行われていません。それを知らずに会場に到着した若者の姿を見かけました。せめて記念にオフィシャルグッズを買って帰ろうと考えたようでしたが、チケットがないと美術館内に入る事が出来ない*2ようでした。

f:id:hawking:20200404231627j:plain

前売券・招待券/時間指定券でそれぞれ列が作られ、最低1メートルは空けて並んでくださいと係員が巡回していました。私は2mほど空けて並びました。

さて、ここで薄々気付かれる方もいらっしゃるでしょうが、事前に前売券・招待券を入手した者には入場の時間区切りがありません。時間指定券の入場具合を見て少しずつ入場させていました。私が到着した時には既に並んでいる人がいたので、あくまで私が見た推測ですが、前売列先頭からある程度までは第一群として入場する事が出来ていたようです。私の少し前で入場がストップされ、時間指定券の入場者が優先して入っていったので前方にいた人は「俺らは前売券なのに…」とこぼしていました。

入場自体も第一群などと書きましたが、実際にはひと組毎にインターバルをおいての入場が1ブロック行われた感じです。

 

札幌市芸術の森美術館のコロナ対策~入場

ようやく自分の番になり、館内に入りました。まず、アルコールで手指消毒を行います。次に非接触型サーモカメラ?で体温チェックをします。次にチケット購入者の情報がない前売券・招待券組は所定の用紙への必要事項記入を求められます。

f:id:hawking:20200404230802j:plain
f:id:hawking:20200404230818j:plain
注意事項(左)と入場者情報を記載する用紙(右)

緊急時連絡先の紙を渡していよいよ入場…展示室前の渡り廊下に並びます。廊下には2メートル間隔で養生テープが貼られており、その線に留まって並ぶようにアナウンスがあります。

f:id:hawking:20200404231231j:plain

一組ずつもぎられて漸く展示ホールへの入場となりました。

 

展示ホール内

最初のエリアはそれぞれ1メートルは離れた状態で見ていたのですが、次のエリアへ曲がると少し混み始めました。とはいっても、東京で行われる美術展程の混雑ではありません。ただ個人的にその場にゆっくり滞在するのがためらわれたので、少し足早に移動しました。

美術館は時々休憩用のベンチが用意されていますが、清掃員の方がスプレーをかけて拭き掃除をしているところを見かけました。

先ほど書いたように心理的にためらいがあったので、いつもの半分か1/3程の時間で見終えました。

 

グッズ売り場

f:id:hawking:20200404232115j:plain

そんな訳で大勢の人を追い抜かして鑑賞し終えたからなのか、グッズ売り場は混雑していませんでした。混雑防止のために購入は代表者のみの入場を求める掲示がありました。(写真右側)掲示の裏にはアルコール消毒液があり、入場前に消毒を求められます。レジも購入列が出来ていない状態で買えたので速やかに買い終えました。ただ、代表者だけじゃなかった気もするんで、そこは利用者の良心・マナーにゆだねられているのかなとも。

 

トイレの様子

トイレには泡タイプハンドソープが用意されていました。ハンドドライヤーは使用できないようにされています。ペーパータオルは用意されていなかったので、各自ハンカチなりペーパータオルを用意されると良いと思います。アルコール消毒液はトイレ内にはなかったので、係員に声掛けしてグッズ売り場前の物を利用しました。

 

並びたくない場合は…

私は入場まで30分ほど並びましたが、出た時にはさらに列が伸びており、1時間ほど待つタイミングもあったようです。

 こちらのアカウントで案内をしてくれていますが、立地的に他のどこかで時間を潰せないので並ぶ場合は山中ですので風が寒くない服装を、並ぶのが嫌な場合はいっそ時間指定券を買ってしまう方が良いのかもしれません。

https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2014496

前売券の払い戻しも行っていますので、日時指定をして鑑賞し、後日必要であれば払い戻しというのが一番楽そうな気はします。

artpark.or.jp

*1:自分自身に言い聞かせるために

*2:誰がいつ頃入館したか等の管理のためと思われます

むろたんが卒業をした

ふと気付けば、かななんの卒業の報に触れ、キャパを考慮して映画館でのLVで見送り、ふなちゃんの卒業予定が発表され、しかしきちんとアナウンスがあるまではブログで触れずにおこう。などと思っていたら、まさかのむろたんこと室田瑞希さんのアンジュルム卒業が発表されるという怒涛の日々。単独ホールコンサートではなく、ひなフェスにて卒業との報せ。

何とかひなフェスに行く方策を立てて、感傷に浸る間もなく空港へ行くために身軽に移動出来そうな旅行カバンも新たに購入しました。

 

 

その後は皆さんご存知の新型コロナウイルスによる諸々の中止です。私が楽しみにしていた和田彩花さんのソロライブ大阪公演も中止になりました。それでも何とかひなフェスはやれたらいいのになと思いつつ、思ってはいたけど、でもやっぱり冷静に考えると厳しいな、このまま動くむろを見れたのは札幌のハロコン千穐楽でおしまいなのかなとも思っていました。

辛うじて無観客という形であったものの、ひなフェスは開催されて、むろの卒コンでもあるひなフェスアンジュルムプレミアム公演についてはCSのテレ朝チャンネル1で放送もされました。

各グループの紹介の映像とかMCとか出来るだけ短くしてくれ!そして、その分室田瑞希のいるアンジュルムを一秒でも多く見せてくれ!と思ってしまいました。狭小で申し訳ないです。

とはいえ、単独だったらもしかすると他のハロプロメンバーも入れず、祝福の声を掛ける事は難しかったかもしれません。それを考えると、他のハロメンもいる中でむろらしさの溢れるパフォーマンスを出来て良かったのかもしれないです。

自分で体感せずに卒業していってしまったので、次の日は体のどこかにドスンと穴が開いて知らずにそこから諸々流出しているかのような気持ちの落ち込みを感じました。

ダウンロードして家で聴いた「君だけじゃないさ...friends(アコースティックVer.)」を聴いてようやく少しだけその穴が塞がった気がします。

 

とにもかくにも、むろたん卒業おめでとう。食べ物の栄養バランスとかが主に私は心配ですが、どうぞ健やかに溌剌とあなたらしさを持って次のステップへ進んでくださいね。

 

 

recochoku.jp

mora.jp

 

Bluetooth再生できるCDラジオを買いました

生まれて初めて買ってもらったのは、サンヨーのラジカセでした。嬉しくなってアンテナをビヨーンと伸ばしていたら、買ってもらったその日にアンテナを折りました。

生まれて初めて買ったCDラジカセはビクターのCDiossです。当時買っていた音楽雑誌『PLUM』の背表紙広告にBUCK-TICKが載っていてカッコ良かったのでお小遣いを貯めて買いました。まあ、買った頃にはB-Tからマルコシアス・バンプが広告キャラクターに変わっていたのですが。

その後、MDを聞けるCDコンポを買って使っていたのですが、本体とスピーカーの接続が甘いのか音が聞こえなくなる事が多々あって音質的には満足していたもののストレスがかかるのであまり聴く機会もなく……そこで思い切ってCDプレーヤーを買う事にしました。

 

求めた条件

  • CDが聴ける
  • Bluetoothの受信(再生)が出来る
  • リーズナブル

 

CDをストレスなく聴きたいので、CD再生は絶対条件です。


ハロプロ・オールスターズ『憧れのStress-free』(Hello! Project All Stars [The longing “Stress-free”])(MV)

そして、radikoを気軽に聴きたかったので、出来ればBluetooth再生もしたい。何より、程良い値段で程良い音質が良い。高けりゃそりゃ良い音質なのは分かっているので、程良さを求めます。

 

購入候補

Bluetooth+CDで検索していたら、東芝から11月に新しいCDラジオが出たのを知って第一候補に。

www.phileweb.comそして、いくつか調べて下記商品が候補に挙がりました。

 

ソニー SONY CDラジオ Bluetooth/FM/AM/ワイドFM対応 語学学習用機能 電池駆動可能 ブラック ZS-RS81BT
 

 画像を見た時にイメージしたサイズと実物を見た時のサイズ感が違ってびっくり。コンパクト。Bluetooth接続して試聴したかったのですが、見つけられず断念。

 

 こちらはCDトレイの蓋がウィーンと左に自動ドアのように動いて設置できる商品。ミニコンポの置き場所3パターンのイコライザーやCD5枚分を内蔵メモリーで再生出来たり、音も割と満足いったのでこれを買う気で出かけたのですが、これまたBluetoothを見つけられず断念。

 

購入したのは…

結局、購入に至ったのはこちらの商品です。

 

 一番最初に買おうと思っていた東芝のをやめた理由はよくよく考えたら自室ではBluetoothイヤホンで音楽を聴く機会がほぼないことでした。あとはなんとなくCDを水平方向にセットする方が謎の安心感があったからです。

私はオーディオマニアではないので、これで大きな不満は数時間聞いた限りでは出ていません。そんな訳でようやくストレスのないCD聴取環境が整ったので、買ってから寝かせてあったアルバムを聴くことができました。

 

LOVE (初回限定盤)
 

 

 

2020年のスケジュール手帳を購入しました

2019年手帳購入の動機

念願のアンジュルムのホールコンサート日程を書き留めたいなとウィークリーバーチカルタイプの手帳を購入した2019年。

マンスリー部分にホールコンサート日程を書き連ねる事に満足したので、ウィークリー部分を下半期に入ってからほぼ使っていませんでした😨

思えば、何年も前にほぼ日手帳を買った時も途中でスケジュールを書き込まない事実に気付き、野球の勝敗結果を書くこもでスケジュール埋まった感を演出しようとしたのでした。まあ、スケジュール感出ませんでしたね。

 

私が使いこなせなかっただけで、本当にデザインなどはとても気に入った手帳です。

 

しかし、懲りずに来年の手帳を用意する事にしました。

 

手帳が続かない理由

そもそも仕事の事を手帳につらつら書きたくないのです。仕事は職場で完結するような職種なので、プライベートの事しか書く必要がないのです。

 

2020年のスケジュール帳

と言うことで、来年の手帳はこちらにしました。

 

デザインフィル ミドリ ミニマルダイアリー 手帳 2020年 B6 マンスリー 月間 茶 27859006 (2019年 10月始まり)
 

ウィークリー要らないですね。多分、旅行に行く!とか、何か主だったイベントがない時はマンスリーだけで充分だと気付きました。

前に100円ショップのスケジュール帳を買った時、万年筆のインクが裏写りどころか滲んで大変だったので、書き心地を重視してのメーカー品です。

厚みも3mm*1なので、嵩張りません。重たくありません。

 

*1:メーカーHPより

アンジュルム札幌公演へ行ってきました

10/14(祝・月)に札幌PENNY LANE24で開催されたアンジュルム ライブツアー2019夏秋「Next Page」へ行ってきました。

先月、9/25に勝田里奈ちゃん(りなぷー)が卒業して初の単独ライブが我が地元で開かれるのに行かない選択肢などありません。そりゃ本当はりなぷーがいるうちに、あやちょがいるうちにライブハウスツアーも札幌で見たかったんですけど。

で!も!先日の橋迫鈴ちゃんが本格的にパフォーマンスで加わった初のライブハウスツアーですから、それはそれで楽しみな訳です。

 

グッズ売り場

家の用事を済ませてから、祝日ダイヤなのを忘れて一本乗り遅れて会場へ到着したのがグッズ販売開始時刻の20分ほど前。かななんファンのお友達のために日替わり写真を購入するぞ!と並んだものの、本当に目の前で写真が売切れました。よく行く食堂だと売切れ表示になっても2~3食残っていたりするから、グッズもワンチャンあるかも!と売り子さんに尋ねてみましたが、中西香菜ちゃん日替わり写真は完売していました。その後で焼き増しして再発売したりしないかな~?と昼公演が終わった後にもグッズ覗いてみましたがありませんでした。

今回から新しく持ち手が青のペンライトが発売になりました。そして、メンバーの名前がメンバーカラーでわーーーっとプリントされたTシャツも発売されました。私はバックプリントのグループ名の色が好きなので買ってみました。

開場前の時間いっぱいいっぱいまで購入列は途絶えなかったようです。

昔はグッズ列なんて出来なかったのに…的な声も聞きますが、売っている物とか買う層とか諸々だと思うんで揶揄されるのはちょっとなぁと思ったり。

 

客層

地元おまいつアンジュルムおまいつ若い女の子がごっちゃりいました。ただ、よく北海道は女性が多い!とか言われるのですが、そんなに多いですかね。武道館とかしか行かないから今一つ比較要素が分かりません。そして少なくとも昼も夜も450名以上は入ったようです。最新のTシャツを着る人、過去のツアーTシャツを着る人、BDイベントのTシャツを着る人、先日のりなぷー卒コンのTシャツを着る人、自作Tシャツの人、おしゃれな人、良い意味でまとまりがなかったです。

 

昼公演

最推しである和田彩花さん(あやちょ)がいなくなったこのタイミングで今までで一番の良番が来ました。これは最前列いける!!

と入場列に並ぶとまさかの自分より前の番号ほぼ女性という驚きの状況。*1最前列は無理か?と思ったら、下手に用意された女限の広さがかつてない多分0.5くらいの位置まで広がっていました。

遂に!ついにきたぞー!!!と喜びの勝鬨を上げようとしてから、「でも、奥行きはないね」と近くの方。確かに。ただ、以前のライブハウスツアーよりは少し広がったと思います。

最前列なのでたじろぐ程にメンバーが近く、足元までしっかり見えるのでダンスもしっかりしっかり見る事が出来ました。いつも盛り上がっているうちに終わってしまっていた某曲の床スレスレのダンス技も遂に間近で見る事が出来て、「ひゃあ、カッコいい!」となりました。

こんなに視界が良好なので、好きなメンバーが近くに来たらそのメンバーを、より近くにメンバーが来たらそのメンバーを見るようにしたんですけど、やっぱり目と処理する頭が足りません。どのメンバーもキラッキラしていて至福のひと時を過ごす事が出来ました。

 

 

夜公演

うってかわって勘違いしてFC優先で購入しなかったので限りなく後ろで見る事になりました。…が、こんな良いライブはなるたけ沢山の人によく見て欲しいし、私はさっきあんなに良い視界で夢のようなひと時を過ごせたのだから十分だなと後ろでコールとかコールとかしてみる事にしました*2

なんか悪ふざけっぽくガヤってるお客さんがいて(※多分、自分の近くしか影響なかったと思う)、そのせいでちょっとMCが聞き取りにくかったりして、それはちょっとポカンと殴りたい気分にはなったのですが、ライブ自体はとても楽しくて、終演後は

 アンジュルムたいこーbotと化してしまいました。

チケット持っているけど入ろうかどうか迷っている方は、安心して行ってください。チケット持っていないけど入りたい方は当日券の可能性がなくもないらしいので、行きたい会場が過去に当日券を出したかどうか確認した上で可能性に賭けてください。

当人たちも秋ツアーの初日と感じていた新しい第一歩、間違いなく良いライブでした。

 

*1:って思ったけど、グループで購入してたらのうなる事はなりますね

*2:昼もしていた