13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

Bluetooth再生できるCDラジオを買いました

生まれて初めて買ってもらったのは、サンヨーのラジカセでした。嬉しくなってアンテナをビヨーンと伸ばしていたら、買ってもらったその日にアンテナを折りました。

生まれて初めて買ったCDラジカセはビクターのCDiossです。当時買っていた音楽雑誌『PLUM』の背表紙広告にBUCK-TICKが載っていてカッコ良かったのでお小遣いを貯めて買いました。まあ、買った頃にはB-Tからマルコシアス・バンプが広告キャラクターに変わっていたのですが。

その後、MDを聞けるCDコンポを買って使っていたのですが、本体とスピーカーの接続が甘いのか音が聞こえなくなる事が多々あって音質的には満足していたもののストレスがかかるのであまり聴く機会もなく……そこで思い切ってCDプレーヤーを買う事にしました。

 

求めた条件

  • CDが聴ける
  • Bluetoothの受信(再生)が出来る
  • リーズナブル

 

CDをストレスなく聴きたいので、CD再生は絶対条件です。


ハロプロ・オールスターズ『憧れのStress-free』(Hello! Project All Stars [The longing “Stress-free”])(MV)

そして、radikoを気軽に聴きたかったので、出来ればBluetooth再生もしたい。何より、程良い値段で程良い音質が良い。高けりゃそりゃ良い音質なのは分かっているので、程良さを求めます。

 

購入候補

Bluetooth+CDで検索していたら、東芝から11月に新しいCDラジオが出たのを知って第一候補に。

www.phileweb.comそして、いくつか調べて下記商品が候補に挙がりました。

 

ソニー SONY CDラジオ Bluetooth/FM/AM/ワイドFM対応 語学学習用機能 電池駆動可能 ブラック ZS-RS81BT
 

 画像を見た時にイメージしたサイズと実物を見た時のサイズ感が違ってびっくり。コンパクト。Bluetooth接続して試聴したかったのですが、見つけられず断念。

 

 こちらはCDトレイの蓋がウィーンと左に自動ドアのように動いて設置できる商品。ミニコンポの置き場所3パターンのイコライザーやCD5枚分を内蔵メモリーで再生出来たり、音も割と満足いったのでこれを買う気で出かけたのですが、これまたBluetoothを見つけられず断念。

 

購入したのは…

結局、購入に至ったのはこちらの商品です。

 

 一番最初に買おうと思っていた東芝のをやめた理由はよくよく考えたら自室ではBluetoothイヤホンで音楽を聴く機会がほぼないことでした。あとはなんとなくCDを水平方向にセットする方が謎の安心感があったからです。

私はオーディオマニアではないので、これで大きな不満は数時間聞いた限りでは出ていません。そんな訳でようやくストレスのないCD聴取環境が整ったので、買ってから寝かせてあったアルバムを聴くことができました。

 

LOVE (初回限定盤)
 

 

 

2020年のスケジュール手帳を購入しました

2019年手帳購入の動機

念願のアンジュルムのホールコンサート日程を書き留めたいなとウィークリーバーチカルタイプの手帳を購入した2019年。

マンスリー部分にホールコンサート日程を書き連ねる事に満足したので、ウィークリー部分を下半期に入ってからほぼ使っていませんでした😨

思えば、何年も前にほぼ日手帳を買った時も途中でスケジュールを書き込まない事実に気付き、野球の勝敗結果を書くこもでスケジュール埋まった感を演出しようとしたのでした。まあ、スケジュール感出ませんでしたね。

 

私が使いこなせなかっただけで、本当にデザインなどはとても気に入った手帳です。

 

しかし、懲りずに来年の手帳を用意する事にしました。

 

手帳が続かない理由

そもそも仕事の事を手帳につらつら書きたくないのです。仕事は職場で完結するような職種なので、プライベートの事しか書く必要がないのです。

 

2020年のスケジュール帳

と言うことで、来年の手帳はこちらにしました。

 

デザインフィル ミドリ ミニマルダイアリー 手帳 2020年 B6 マンスリー 月間 茶 27859006 (2019年 10月始まり)
 

ウィークリー要らないですね。多分、旅行に行く!とか、何か主だったイベントがない時はマンスリーだけで充分だと気付きました。

前に100円ショップのスケジュール帳を買った時、万年筆のインクが裏写りどころか滲んで大変だったので、書き心地を重視してのメーカー品です。

厚みも3mm*1なので、嵩張りません。重たくありません。

 

*1:メーカーHPより

アンジュルム札幌公演へ行ってきました

10/14(祝・月)に札幌PENNY LANE24で開催されたアンジュルム ライブツアー2019夏秋「Next Page」へ行ってきました。

先月、9/25に勝田里奈ちゃん(りなぷー)が卒業して初の単独ライブが我が地元で開かれるのに行かない選択肢などありません。そりゃ本当はりなぷーがいるうちに、あやちょがいるうちにライブハウスツアーも札幌で見たかったんですけど。

で!も!先日の橋迫鈴ちゃんが本格的にパフォーマンスで加わった初のライブハウスツアーですから、それはそれで楽しみな訳です。

 

グッズ売り場

家の用事を済ませてから、祝日ダイヤなのを忘れて一本乗り遅れて会場へ到着したのがグッズ販売開始時刻の20分ほど前。かななんファンのお友達のために日替わり写真を購入するぞ!と並んだものの、本当に目の前で写真が売切れました。よく行く食堂だと売切れ表示になっても2~3食残っていたりするから、グッズもワンチャンあるかも!と売り子さんに尋ねてみましたが、中西香菜ちゃん日替わり写真は完売していました。その後で焼き増しして再発売したりしないかな~?と昼公演が終わった後にもグッズ覗いてみましたがありませんでした。

今回から新しく持ち手が青のペンライトが発売になりました。そして、メンバーの名前がメンバーカラーでわーーーっとプリントされたTシャツも発売されました。私はバックプリントのグループ名の色が好きなので買ってみました。

開場前の時間いっぱいいっぱいまで購入列は途絶えなかったようです。

昔はグッズ列なんて出来なかったのに…的な声も聞きますが、売っている物とか買う層とか諸々だと思うんで揶揄されるのはちょっとなぁと思ったり。

 

客層

地元おまいつアンジュルムおまいつ若い女の子がごっちゃりいました。ただ、よく北海道は女性が多い!とか言われるのですが、そんなに多いですかね。武道館とかしか行かないから今一つ比較要素が分かりません。そして少なくとも昼も夜も450名以上は入ったようです。最新のTシャツを着る人、過去のツアーTシャツを着る人、BDイベントのTシャツを着る人、先日のりなぷー卒コンのTシャツを着る人、自作Tシャツの人、おしゃれな人、良い意味でまとまりがなかったです。

 

昼公演

最推しである和田彩花さん(あやちょ)がいなくなったこのタイミングで今までで一番の良番が来ました。これは最前列いける!!

と入場列に並ぶとまさかの自分より前の番号ほぼ女性という驚きの状況。*1最前列は無理か?と思ったら、下手に用意された女限の広さがかつてない多分0.5くらいの位置まで広がっていました。

遂に!ついにきたぞー!!!と喜びの勝鬨を上げようとしてから、「でも、奥行きはないね」と近くの方。確かに。ただ、以前のライブハウスツアーよりは少し広がったと思います。

最前列なのでたじろぐ程にメンバーが近く、足元までしっかり見えるのでダンスもしっかりしっかり見る事が出来ました。いつも盛り上がっているうちに終わってしまっていた某曲の床スレスレのダンス技も遂に間近で見る事が出来て、「ひゃあ、カッコいい!」となりました。

こんなに視界が良好なので、好きなメンバーが近くに来たらそのメンバーを、より近くにメンバーが来たらそのメンバーを見るようにしたんですけど、やっぱり目と処理する頭が足りません。どのメンバーもキラッキラしていて至福のひと時を過ごす事が出来ました。

 

 

夜公演

うってかわって勘違いしてFC優先で購入しなかったので限りなく後ろで見る事になりました。…が、こんな良いライブはなるたけ沢山の人によく見て欲しいし、私はさっきあんなに良い視界で夢のようなひと時を過ごせたのだから十分だなと後ろでコールとかコールとかしてみる事にしました*2

なんか悪ふざけっぽくガヤってるお客さんがいて(※多分、自分の近くしか影響なかったと思う)、そのせいでちょっとMCが聞き取りにくかったりして、それはちょっとポカンと殴りたい気分にはなったのですが、ライブ自体はとても楽しくて、終演後は

 アンジュルムたいこーbotと化してしまいました。

チケット持っているけど入ろうかどうか迷っている方は、安心して行ってください。チケット持っていないけど入りたい方は当日券の可能性がなくもないらしいので、行きたい会場が過去に当日券を出したかどうか確認した上で可能性に賭けてください。

当人たちも秋ツアーの初日と感じていた新しい第一歩、間違いなく良いライブでした。

 

*1:って思ったけど、グループで購入してたらのうなる事はなりますね

*2:昼もしていた

ホテルエディット横濱で朝食バイキング

桜木町近辺に泊まりましたが、素泊まりにしたので泊まったホテルでは

せっかく横浜へ行くなら美味しい朝食を食べたい

は果たせていません。ホテルをチェックアウトしてから、最寄駅がJR桜木町駅であるホテルエディット横濱へ向かいました。

宿泊先を探す時点でもこのホテルを選択肢に入れていたのですが、ちょっとしたクチコミが気になった*1のとバスタブの形が特殊らしいので寛げないのでは…と思い、朝食だけ食べに行く事にしました。

この界隈でリーズナブルかつ朝食が魅力的でその点でバランスが取れていると思います。フレンチトーストが美味しいという評判も決め手の一つとなりました。

 

内装を好んで泊まっていたオンザマークス川崎と運営会社が同じらしく、チェーンホテルぽさはないけど、川のほとりにあるお洒落な雰囲気でした。外観を写真に収めようと思っていたのに、食い気に走って撮るのを忘れました。

フロントで朝食を食べたい旨を伝えて1200円を払って、レストランバー「RAGOUT & WHISKY HOUSE」へ向かいます。好きな席へどうぞと案内されました。折角なので明るく開放的なロケーションをチョイス。

 

 ビュッフェボードの様子

f:id:hawking:20191008231940j:plain

f:id:hawking:20190926090211j:plain

f:id:hawking:20190926090323j:plain

f:id:hawking:20190926090508j:plain

f:id:hawking:20190926090204j:plain

この日は、

  • フレンチトースト
  • なすと鶏のピリ辛和え
  • 魚介類とキドニービーンズのジェノバソース
  • かぼちゃのポテトサラダ
  • じゃがいもと蓮根のサラダ
  • 鎌倉野菜(レタスやトマト)
  • ハム
  • ミニ食パン
  • チョコデニッシュ
  • ストロベリーデニッシュ
  • カレーライス
  • オニオンスープ
  • シリアル
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • ヨーグルト
  • フルーツカクテル
  • 焼き菓子

などが用意されていました。ドリンクもホットコーヒー、ホットティーの温かい飲み物の他にもジュースや牛乳、その他の冷たい飲み物が用意されていました。

サラダのドレッシングも自家製豆乳マヨネーズ、シーザードレッシング、生姜ドレッシングとあり、ヘルシーです。

 

胃弱な食いしん坊

私はこんな感じで選んでみました。

 

f:id:hawking:20190926090948j:plain
f:id:hawking:20190926090952j:plain
胃弱による渾身の盛りだくさん朝食

 

売りだというフレンチトーストは残念ながら温かくはなかったのですが、美味しさとしては十分です。

魚介類とキドニービーンズのジェノバソース和えのキドニービーンズて何だろう?と思ったら、インゲン豆の事だそうです。シェルマカロニも入っていてこちらも美味しかったです。

もう少し欲張ろうかとも思ったものの、これで動けなくなると後の旅程に影響が出るので、温かい紅茶をいただいて朝食を終えました。

f:id:hawking:20190926093605j:plain

紅茶もオシャレな耐熱グラスで飲みました

店員さんも感じの良い方で良かったです。次にこのエリアへ宿泊する機会があるのかちょっと微妙なところではあるのですが、価格と内容のバランスが取れている(というか雰囲気込みでコスパ良いですよね?)と思ったので、次は泊まってみたいです。今回も泊まってみるべきだったかなぁ…。

 

 

 

*1:今回泊まって悩まされたのと同じ口コミ内容です

相鉄フレッサイン横浜桜木町へ泊りました

先日のパシフィコ横浜でのアンジュルム勝田里奈ちゃん卒業コンサートを見るために泊まりました。

  • 朝、多少のんびりしても大丈夫な立地に泊まりたい
  • せっかく横浜へ行くなら美味しい朝食を食べたい
  • 普段ベッドのへりに気を付けで寝て疲れているので、広めのベッドで眠りたい
  • そこそこの安さを求めたい

いくつか気になるオシャレそうなホテルはあったのです。美味しそうな朝食もあったのです。しかしながら、コンサート当日は早く出立する事を想定に入れると、美味しい朝食は一食あれば十分。とのことで、選んだのが相鉄フレッサイン横浜桜木町です。

続きを読む

中西香菜さん卒業の報

家に帰ると10/14のアンジュルム札幌公演のチケットが届いていて小躍りして、夕飯が美味しいなぁ~、今日もツイ廃が冴えわたるぜなどと思いながらネットを見ておりました。

www.helloproject.com

アンジュルム 中西香菜の卒業に関するお知らせという文字が突然飛び込んできて、いやいや22時言うてもまだ週末じゃないし…と思いつつ、リンク先を見ました。事実でした。ああ遂に形になってしまった。

 

正直、最近のかななんのブログのタイトルはカウントダウンのごときメンバー名でだんだん自身に近付いてきていて、「嫌だな、縁起でもない」と思っていました。それを口なり、文字なりにしなかったのは「縁起でもない」と言葉にすると、その言霊が働き出してしまいそうで嫌だったから。腹の中だけに留めていました。腹の中に留めていたって決まってしまうものは決まってしまうんですね。

 

かななんの低い歌声は武器だと思っていたので、その武器をアンジュルムが失ってしまうのかと思うと寂しいです。スマイレージの中で唯一の完全素人出身であったかななん。その存在は恐らく同じく研修生等を経ていない人がハロプロの門戸を叩くのにそっと背中を押していたと思います。良いところは優しいところで、悪いところは優しすぎるところだとも思います。

リーダーが卒業するまでは自身の卒業を秘めていたりなぷー、そんなりなぷーの卒業公演が終わってひと段落するまでやはり卒業を一応公にしなかった*1かななん。なんだって二期はそんな控えめなのさ、メンバーに優しいのさ。

どうか卒業公演は自分をバリバリに出して、悔いなくしっかり出し切って欲しいです。

 

素直に祝福しきれないのは、あやちょやりなぷーのように芸能の世界に残る訳ではないから、恐らく北国に住む自分の視界からは見えなくなってしまうからなんでしょうね。

とか言いつつ、きょうの料理とか出てきたっていいんだよ。健やかに溌剌と誉れ高くこの後の人生もキラキラと輝くものになりますように。

*1:ブログタイトルのカウントダウンはそれを連想させていましたが

アンジュルム勝田里奈さん卒業公演に行ってきました

さて、6月18日にあやちょ(和田彩花さん)の卒業コンサートに行って以来のアンジュルムの単独コンサートです。地方に住む私はその間に一度だけ夏のハロコンを観に行きました。運良くメンバーかやって来てくれる通路席に近く、2~3mの距離にりなぷーやかななんやかっさーがやって来てくれました。夢のようでした。

卒業コンサートの次に行く単独ホールコンサートがこれまた卒業コンサートというのもある意味夢みたいなマンガみたいな話ですよね。

私は勝手にりなぷーはまだまだいてくれる(いて欲しい)と思っていたし、アルバムを出したのだからあやちょはいなくなったものの、アルバム曲でのツアーをやって欲しいと願っていました。それがあっという間に卒業コンサートです。

 

勝田里奈さん卒業コンサート当日は「ANGERME RINA FASHION TOOL Petunia」(以下、RFTと表記)の発売日でもありました。りなぷーが雑誌「mina」で連載していたコーナーをまとめたファッションブックです。会場では3パターンの特別版が売られるのでそちらを何としてもゲットしようと8時過ぎに会場前に到着しました。

RFTの行列は女子!女子!女子!*1 若い女の子でいっぱいです。グッズ列も私の近くの男女比は5割ちょっとは若い女子だったように思います。

 

ただ…そうやって熱心に並んでいてもどうも卒業コンサート当日だという実感も湧かず、何だかとても不思議な感覚でひたすらに並びました。

 

そして間もなく本番。先日のあやちょ卒コンと異なり、コンサート自体が夢のようにふわふわと感じる事はなかったものの、りなぷーが今日で最後なのかという感慨深さについては夢のようでふんわりぼんやりとしていました。

一曲目――「いとしいとしとSay My Heart」。まさかの聴きたいなと思っていたアルバム曲です!!!今日は卒業コンサートなんですーという感じをあまり漂わせずにカッコ良い12人のアンジュルムが歌い踊っていました。新メンバーの橋迫鈴ちゃん、札幌のハロコンで見た時はまだお披露目状態だったのでパフォーマンスは初めて見ますが、悪い意味では全く目立っておらず、すごい仕上がり具合だと驚きました。

そうこうしているうちに2期メンバーの3人がステージで和気あいあいとMCをしてからのユニット曲コーナーです。スマイレージ曲&アルバム曲を歌ってくれました。ショートバージョンながらも私が見たいと願っていたアルバムのコンサートです。

曲構成が誰の発案なのかは分かりませんが、勝田里奈という人はきっちりやりきって巣立って行くんだなと思いました。*2

 

アンコール明けにソロ曲で登場したりなぷーは、黒のノースリーブに全メンバーカラーが入ったと思われるレースのロングスカートを着ていて、笑顔でそのスカートを広げて見せてくれました。

それを見ていると出典は忘れたのですが、メンバーのお母様同士が話をした時に「うちの子はアンジュルムが楽しいって」と話をしていたというエピソード*3を思い出します。メモリアル写真にも書かれていたけれど、りなぷーもアンジュルムが大好きなんですよね。それをしみじみと感じました。

えっ、卒コンなのに本人いなくなった後の新曲まで披露しちゃうの!?という驚きもあったのですが、それはそれでメンバーからの決意表明のようでもありました。

 

りなぷーからファンへのメッセージはファンが暖かく見守ってくれたので、自分が自分らしくある事が出来たという旨の内容(意訳)でした。それを聞くと、北海道のライブハウス公演でつなぎのMC担当になった時に「普段のパフォーマンスを見た事がない人が省エネ省エネみたいに言うけれど云々」と話した*4時の事を思い出さずにはいられません。

 

RFTを通じても人脈が広がったと思います。どうかこれからも自分の道をたくましくしかしスマートに切り拓いて行って欲しいです。勝田里奈さんのこれからに幸あらんことを!そして、11人のアンジュルムにも幸あらんことを!!

 

…という訳で9/29時点でチケット入手チャンスのある公演をつらつらと書き連ねます。パシフィコ横浜以外はすべてライブハウスです。ライブハウスはドリンク代が別途必要となります。対バン以外は女性・子供用エリアがあります。

  • 10/29 TSUTAYA O-EAST(東京)※対バン【10/1一般発売】
  • 11/2 ミュージックタウン音楽市場(沖縄県)【発売中】
  • 11/4 パシフィコ横浜国立大ホール(神奈川)【10/5一般発売】
  • 11/9 京都FANJ(京都)【10/5一般発売】
  • 11/10 OSAKA MUSE(大阪)【10/5一般発売】
  • 11/16 高知キャラバンサライ(高知)【10/5一般発売】
  • 11/17 高松オリーブホール(香川)【10/5一般発売】
  • 11/23 鹿児島CAPAVOホール(鹿児島)【10/5一般発売】
  • 11/24 DRUM Be-0(大分)【10/5一般発売】
  • 11/30 LIVE SPOT WOW(福岡)【10/5一般発売】
  • 12/1 広島クラブクアトロ(広島)【10/5一般発売】

www.youtube.com

 

 ランウェイを歩く様子を彫りたかったので、以前に名古屋で開かれたイベントの画像がモチーフです。ランウェイのスペルに凡ミスしそうで自信が持てなかったので確認のためにWikipediaを見たら、

英語で "what's on the catwalk"(キャットウォーク上のもの)などの隠語は、ファッション分野で新しい流行となっている事物を意味する。

 

とあったのでそのまま使用しました。

*1:などとビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!風に言ってみる

*2:欲を言えば、前ツアーで披露された「もう一歩」のファルセットをもう一度聴きたかった

*3:一人だけでなく、その場にいたお母さんが異口同音にアンジュルムが楽しいと話をした

*4:これも意訳です。ファンはちゃんと分かってくれている等の話でした