読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

アンジュルム武道館公演を前に

 f:id:hawking:20170510190122j:image

 5/15(月)にハロー!プロジェクトの9人組グループ「アンジュルム」の日本武道館公演が行われます。

これからどうなるか分かりませんが、今のところアンジュルムはライブハウスツアー70%、ホールコンサートツアー30%ぐらいの比率*1でライブをやっています。コンサートホールでのライブは若干ボーナスステージみたいな有り難みがあります。最年少で5期メンバーの笠原桃奈ちゃんは加入してまだ1年経とうとしていませんが、演劇女子部「MODE」やライブハウスツアーなどで場数を踏んで、元々度胸はあるようでしたが、さらにメキメキと表現力を上げています。ライブハウスツアーって何となく精神と時の部屋みたいな感じがしていて、ツアー終わるとグッとパワーアップしてるんですよね。

そんな訳で春のライブハウスツアー「凜」を終えて、間髪入れずに始まったホールコンサートツアー「変わるもの変わらないもの」、そして5月15日に開かれる「変わるもの変わらないもの」武道館公演です。

 

最初はお祭りのような武道館公演。次が福田花音ちゃん卒業発表後初の大箱、そして福田花音ちゃん卒業公演、田村芽実ちゃん卒業公演と過去4度武道館でライブをやっていますが、今回は久しぶりのただの武道館公演です。「ただの」と書いたのには卑下が含まれているわけではなくて、6スマ時代の末満健一脚本舞台「スマイルファンタジー」の舞台となったごくごくありふれた一日(しかし、その日がとてもかけがえのない日)みたいな意味合いです。何もないのが最高の一日みたいな。いや、何もないわけなくて、最高のライブがあるんですけども。そんなひとときを過ごしたり、堪能できるのって実はひそかに豪華な事だと思うんです。

アンジュルムになってからの武道館公演には足を運んでいますが、スマイレージの頃の最初の武道館公演はまだ単独コンサートも行った事がなかったので、そんな状態で武道館だけ見に行くのってミーハーかなぁとか図々しいんじゃないかしらなどと変な遠慮もあっていかなかったんです。でも、後から振り返るにそれはそれは素晴らしいライブだったと思うんですね。なんとなくなんとなくなんですが、女の勘とか野生の勘とか勝負師の勘とかそういうのはまったくないのですが、今回もその武道館公演みたいに後々「あの武道館公演はすごかったね」となる気がするのです。

 

根拠のひとつとして挙げられるのが、ホールコンサートツアーでの体感。もうひとつが、ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ*2秋葉原*3で5月16日まで展示されている「九位一体展」です。

この「九位一体展」というのは、アンジュルム・リーダーの和田彩花さんの熱望で実現したパネル展です。パネル展といっても、パネル写真で当時を振り返るというものではなく、昨年5月に行われた「九位一体」武道館公演のセットが決まるまでなどを解説した展示となっていて、ステージセットの図解とあやちょ直筆の解説文で構成されています。

ハロショって別に入場料とかかからないので、アイドルのコンサート抜きにしても、舞台セットがどういう経緯で決まっていくのかをちょっと見てみたい人も気軽に立ち寄る事ができるんです。

話がそれましたが、「九位一体展」で伝えたい事とホールコンサートで語られた事が全くブレがなくて、その想いが具現化するのが武道館なんだな、これは期待できる。と思った訳です。

まずは、ハロショで「九位一体展」を見て、それから武道館公演を見ると思いもひとしおになるのではないかな。というのが私のざっくりとした感想です。

 

結構ね、老若男女取り揃えられた客層なので、浮いたりする心配もないし、曲をほとんど知らなくても来て大丈夫だと思います。私は知らない曲でも楽しめるバンドは最高!をモットーにしてるので、敢えて新曲を聞かずに筋少の武道館に行ってみたり、敢えて曲チェックせずにRSR人間椅子観に行ったりしてるけど、どっちも楽しかったんで。だから、多分、だからっていうのはちょっと変かもしれないけど、アンジュルムもそもそもバンドではないんですが、それでも多分ぐわっとした熱量は楽しめると思うので、ほんの少しでも関心あったら、是非一度!

 

チケットぴあでも5/11まで販売してますんで、気軽にどうぞ!

 

おまけ

 

 

ペンライトとかサイリウムを持つか持たないかは、その人の自由なのでお気軽にどうぞ👍 

*1:体感として。私はざっくりしているのでカウントはしていません

*2:以下、ハロショ

*3:地下鉄銀座線末広町からすぐ

武道館公演での留意点をさくっと

グッズ

グッズを買うための列に並び、ようやくグッズテント前に来た時、気を付けなくてはならないのは、グッズの種類によって若干売り場が異なり、一度通過したエリアには戻れないということです。加えて言うなら、たまにそのレギュレーションを理解していないのか、配置を勘違いしているのか間違った情報を伝える係員がいます。気を付けましょう。

恐らく今回も非写真系のテントと写真系のテントは分かれて逆流不可になると思われます。 

あと、早くからグッズ列に並んでいるとリハーサルの音漏れが聞こえてくる事があるので、全くセトリを知りたくない!という方は耳栓なりイヤホンなり用意した方が良いのかも。

 

【5/12 19:00追記】

今回はグッズ系と写真系の売場は分けないそうです。ただし、UターンはNGとのことなので事前に買うものの整理をした方が良いかもしれません。

 

 

帰りの準備

切符を買う必要がある人は事前に券売機で切符を買っておきましょう。終演後の駅はそれはもうごった返していますので。

 

トイレ

特に女子トイレは混みます。余裕をもって臨みましょう。

 

荷物

自分で出来る自信がないのですが、なるべくコンパクトな方が楽だと思います。

 

落とし物をしたら…

以前、Edyカードを落としたことがあります。

13ningakari.hatenablog.jp

こういう公演をやる場所ではまとめて集めて警察署に届けているようですので、若干タイムラグあっても見つかる事があります。まずは、届け出をしましょう。カード類の場合は速やかに発行元へ届け出もしあしょう。

あと、見つけた場合もTwitterで拡散!は大変便利ではあるのですが、落ちていた物をそのまま画像で載せたり、特徴らしい特徴を事細かに記載するのはやめましょう。落とした人は大まかな特徴でも「自分のかも…」と察しがつきます。親切のつもりで詳細に特徴を書く事で「落とし主に成りすました第三者」が私の落とした○○の特徴は~などと語って持って行ってしまう可能性も。あと「私が預かっています」ももしかすると落とした100%の状態じゃなくなっていたら、こいつ取ったんじゃないか?と疑われる元なので主催者や交番に届けるのが吉です。

 

あれ、もしかして…

武道館への心構えをブログに書いてみようと思ったけど、これ準備事項なのでは…。心構えってこういうことじゃないんじゃない?

ON THE MARKS川崎へ泊まりました

アンジュルムの名古屋公演を見て、その日のうちに移動して意義深い一日を過ごしてから中野公演を見よう!ということで、少しでも身軽になるために連泊を。

はっきり言って、全然目的地へのアクセスに利便性が高い訳ではないんですが、前から気になっていたホテルだったので折角だから泊まってみました。

泊まったのはカプセルタイプとコンパクトルームの2種類です。どちらもベッドはばは驚きの120cm!広い。ホテル全体が手作り感あって、ブース内も集積材など木のぬくもりを感じる作りになっています。

ルームウェアはフロント横に置いてあります。セパレートタイプではなく、ワンピースみたいなタイプです。耳栓もそこにあるので、適宜どうぞ。

 

カプセルタイプ

カプセルタイプのブースにはセキュリティボックスがあり、貴重品はそこにしまえます。翌日ライブではなかったし、極力安く抑えたかったので、バス・トイレ(共用)が別フロアにあるプランにしました。セキュリティの関係で随所に鍵が付いていて、ちょっと回すのコツのいる鍵があるので、差し迫った時は危険かもなと思います。普通のカプセルホテルよりは広めだし、寝返り打ってもギシギシいわないので、そこは良かった。

 

コンパクトルーム

コンパクトルームは、アウトバス・トイレ(カプセルタイプの人と共用)のベッドのある部屋に土間少々みたいな部屋です。

f:id:hawking:20170508191246j:image

寝て起きるだけだけど、しっかり寝たかったのでこちらに泊まってみました。部屋に鍵が付いている安心感だったり、TVも付いていたり*1、より落ち着くのは当たり前だけどこっちのタイプですね。

 

ホテルの案内に書かれていた目印を見つけられなかったので、Googleマップに翻弄されながら到着しました。

ロータリーそばのセブンイレブンのしんごを渡ってしばらく大きな道なりに進み、やよい軒のある道で中に入り、ローソン100(ここが最寄りコンビニ)を過ぎて少し歩くと左手にオンザマークス川崎が見えてきます。

f:id:hawking:20170507224136j:image

私としては割と居心地の良い宿でした。

 

…ただ、共用スペースっている人次第みたいなところありますよね。ビシャビシャやんけ!とか、シャワールームにカミソリ置きっ放しなの誰!とか思うのはありました。そこを我慢できるなら安く抑えられるホテルだと思います。

 

肝心の意義深い一日ですが、目的地がてんで反対方向だったため、その用事で全て潰れて気になっていた展覧会はどれも行けずでした(^◇^;)

*1:せっかく神奈川県に来たのだし…と少しtvkを見てみた

ネタバレなし・アンジュルムホールツアーに行ってきた!

飛行機の中で眠気と戦いながら、興奮の中書き綴ったので、恐らくに文章として成り立っていません。が、あえてそれで熱意を感じていただければ!

 

アンジュルムコンサートツアー2017春〜変わるもの変わらないもの〜名古屋公演を見てきました


会場はフォレストホールと同じ敷地にあるビレッジホール。札幌市民の体感的にはなんとなく旧札幌市民会館を思い出させました。
昼公演夜公演とも1Fの後方席。私の視力では表情がバッチリ見える席ではなかったものの、ダンスなどはばっちり見えました。…いや、端っこの席だった回はステージの全体が見えず、スピーカーにやって上手の中段上段ステージが隠れてしまう席でした。
セットリスト(以下、セトリ)は元々見ないでワクワク感を楽しもうと思ってはいたのですが、ツアー始まって実際に見た人々も「これはセトリ知らずに見た方が絶対楽しめる」と話していたので忠実に教えを守り、ツイッターで曲名ポンポンレポートする人はミュートするなりして過ごしてきました。
…セトリ知らなくて大正解!うぉっ、この曲来たか!おお、そう来たか!わぁ、この曲!というのの連続です。個人的には3曲目が前より一層好きになりました。あと私が大好きな曲が今のメンバー*1がパフォーマンスするの見て、はーもう最高!という気持ちに。
来たタイミングの問題で大須観音以外何も見られなかったけど、充足感を得られました。

 

 

アンジュルムコンサートツアー2017春〜変わるもの変わらないもの〜中野サンプラザ公演を見てきました

中野サンプラザでは初の単独コンサート!これは行かなくては!!と思ったら落選してしまって、親切な方のご厚意に預かりました。重ねてありがとうございます。

個人的には、筋肉少女帯以来の中野です。その時は偶然近くに水島精二監督がいらしたのですが、今日は高寺さんをお見かけしました。東京ってすげぇやと思いました。
名古屋ではほぼ下手とド上手でしたが、今回の席はセンター寄り上手ということで、割とバランス良く見られました。…少し盛りました。席的にはそんな感じでしたが下手側の視界に背の高い方がいたので、センター寄り上手を中心的に見ていました。
セトリとしては名古屋と同じです。ただ、途中で音響トラブルでハウリングっぽくなったり、佐々木莉佳子ちゃんのマイクでトラブルあったようでそこが残念。でも、りかこはステージ映えするなぁ、さすがモデルは違うわ!歌も上手くなったし。

かっさーはね、本当にこの子はこの年齢なのかな?と思う表情とか魅せ方をする反面、満面の笑みを浮かべる時とかは年頃の子だなぁと愛らしい限りです。かみこの課題、ライブMCはまだまだ問題山積みのようですwそこが可愛らしいんですけど、本人頑張ってるんだろうなぁ、隣のりなぷーを見るのも楽しみの一つです。

りなぷーは東京都出身なので、なかなかホールコンがないから貴重な凱旋公演だったんですね、我々としてもオレンジに染め上げてやるぜー!という気持ちでしたが、そらを見越したのか前日に公式ツイッターでオレンジつけてねという指令も飛び出してしまうのが「らしい」な、と。色んな土地でファンのカラーみたいのがあるらしくて、観察できるポイントで見ていると東京の人は座っていてどっこいしょと立ち上がるのが散見されたので、そこが自分のエリアらしいというような冗談も言っていました。
よく勝田は省エネキャラとか言われますけど、本当にパフォーマンスしたの見てもない人には言われたくないなというのが私の中にはあって、ちゃんとやってるのを見ている人たちの前だからこそ逆に飛び出す冗談なのかなと思いました。
勝手なイメージといえば、よくむろのことエロいエロいと言われたりしますけど、ちゃんとむろのパフォーマンスも見てよ!と思います。私はむろの動きが好きなんですけど、むろめっちゃカッコいいし、歌もいいし、ちゃんと見てよ!今回のツアーも愛らしさもあり、かっこよさもちらりちらりと見せていて良かったです。二人ともイメージだけで語るなよとゆいたいです
そして、かななん。かななんは人が喜んでいるのを見ると嬉しいんだそうです。なんだろうのび太結婚前夜のしずかちゃんパパによるのび太評みたい。人の幸せを願えるかななんの優しさとたおやかさとでも可愛いだけじゃないんだよ低音だって出るし。
このツアーの物販で誰よりも早くMFTが売り切れた事でお馴染みのタケちゃん!タケちゃんのダンスはリズムがそのまま踊っているようでかっこいい!そして、安定した歌唱力(これはりなぷーにも言える)に今や安定したトーク力。武道館の看板はタケちゃんの書なんですって!!これは見に行かないといけませんね。
あやちょは本当に無邪気に笑っているのも可愛らしいのですがら時折本当に美術品みたいに神々しい時もあって口をポカーンと開けて見ていたい時もあるんですね。本当に素敵。クールだけど、ホット。うちのリーダーすごいな!ってなります。私はアンジュルムメンバーではないですけどw


あやちょはこのツアーで培ってきたものに相当の手応えを感じているそうです。その集大成が5/15の武道館公演となります。セトリも一部なのか分かりませんが、全く同じという事はないでしょうし、ステージセットなども相当の工夫がされていると思われます。
思われますというのは、今日ほんの少しだけハロショ秋葉原店で開催されている九位一体展を見に行ってきたのです。時間がなくて本当に序文みたいのしか見られなかったのですが、それを読むと意気込みがより一層伝わってきました。
是非、武道館もそうなんですが、ハロショ秋葉原店のパネル展(ざっと見るなら10分もかからないでしょう。私は何分相当じっくり見ていましたので)ご覧になって心境みたいなものを垣間見てみると良いのかなと思います。そのあたりは、ラジオで語っている事などとも全くブレがありません。人としてちょっと羨ましくなっちゃいます。

 

百聞は一見にしかず!あとで好き放題言うためにも是非武道館見に行ってください!!

*1:あいあいはお休みしていますが

新しいライブ用耳栓を買ってみました

(ここまでのあらすじ)

ライブハウスのスピーカー前でもへっちゃらだった十代が遠い過去となった頃、知り合いの知り合いのライブを見に行って「好みの音ではないなー」と思っていたらまさかの耳鳴りになってしまったでござる。しかも、普段耳鳴りが残って完治せず。*1悪化を防ぐため、減音タイプの耳栓を使う日々が始まったのである。

 

クレッシェンドの耳栓を買いました

このところもっぱらEarPeaceの耳栓を愛用していて、特に不安や不満もないのですが、時々タワーレコードのツイートで見かけて気になってたんですよね。今日はモーニング娘。'17の札幌公演があったので、良い機会と思って買ってみました。

  • 通常サイズと小サイズが入っている
  • ただし、フィルターは1セットのみ
  • 色は白のみ
  • 中の説明書には日本語記載はなく、図解とヨーロッパ数カ国語のみ

主な特徴はこんな感じ。

EarPeaceと比べて、外す時に引っ張るシリコンゴムが少し丈夫です。シリコンゴム以外のパーツはフィルターのみなので、長時間付けていても気にならないと思われます。

一番最初に買ったタイプの耳栓は、中のフィルター及び芯がガッツリと主張していたので、ライブ終盤になると耳が物理的に痛かったんですが、EarPeaceも今回買ったCrescendo Musicもその点は心配無用です。

 

実際に使って

念のためEarPeaceを持って行きましたが、Crescendo Musicだけで大丈夫でした。音楽は聴こえるけど、耳への音の当たりはだいぶ緩和されるのはどちらの商品も変わらずです。因みに買ってみようかなと思った理由の一つが、輸入販売元がキーボードでお馴染みのKORGだったからです。ミーハーだよねw

 

値段を考える

今回はタワーレコードで税抜2100円で購入しました。多分もう少し安く買える通販もあるはずです。どちらにしても、ライブへ行って難聴になった時に耳鼻咽喉科へ速やかに行って聴力検査を受けて、最低1週間は飲む薬代に比べたら安いです。

普段は平気だけど、ちょっと疲れ気味だなーという時に半分お守り気分で持って行けば、少し耳がしんどい時につける事で病院回避できると思います。ライブ難聴は繰り返すとどんどん耳がへたります。是非、将来にわたって音楽を楽しみたい場合はどこのどんなのでも良いから音を少し小さくしてくれる耳栓の所持を検討してみてください。小さいお子さんいる方なども是非。

 

 

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music

 

 

 

 

 

*1:耳鳴りの要因が疲れやストレスもあるらしいので、普段平気な爆音でもなる可能性があるらしい。

アンジュルム ライブツアー2017春~凜~札幌公演に行ってきました

4/1(土)に札幌ペニーレーン24で行われたアンジュルムライブツアー2017春~凜~へ行ってきました。このツアーは全6か所11公演という事で本当に瞬きしたら終わってしまうような短さで、札幌はその最終公演となります。

北海道+4月の頭…もしかして、アレあるんじゃね?という考えが多くの人の頭をよぎり、メンバーの頭にもよぎったようですが、残念ながらコンディション悪な雪というか氷しかなかったので、今回は開催されませんでした。でも、むろはやる気満々で、手袋、靴、しっかりとした上着、帽子などフル装備でやってきたそうで、雪合戦やらないと決まるとハロプロ研修生北海道の子達を誘ったらしく、かわいいなぁw

さて、だいたいライブハウスってチケットがソールドアウトしても、ダメ元で行くとわずかながら当日券が出たりする事もありますが、この日のチケットは昼夜ともに完全ソールドアウト。スペースがないから荷物はロッカーやクロークに預けるようにと再三のアナウンスがありました。そうなんです。本当は床に置いておいたら、踏んづけて壊されても何の文句も言えないんですよね。ハロプロでしかライブハウス来ない人が多いのか、すごく密度が低かったり荷物置きまくっていたりする事が時折気になってましたが、ペニーレーンサイドなのかスタッフサイドなのかアナウンスがきっちりされていました。

昼夜とも300番台のチケットだったので、昼はなんとか女限の後ろのすきまにそれとなくいられたものの、夜の千穐楽はまったく入る余地もありませんでした。詰めて貰わないと中に入れない人がいますーと呼び掛けられる位に混んでいたので、そりゃ確かに当日券は出ないなと納得。今回の女限は前回の2-3倍くらいあったにも関わらず、女子溢れまくり、小さい女性ごめんなさいな状態に。

 

正直夜は特に視界が開けてなくて、あれこれ見れなかったんだけど、かっさーが前よりさらに良くなってた。それは、ひなフェス見に行った時にも感じたんだけれど、いいよいいよー!という気持ちになった。2期の安定感、歌にトークにダンスにああ頼もしい。頼もしいついでに、あやちょの老後もよろしくねという気持ちに。一曲目の台詞は昼公演がりなぷー、夜公演がかななんでした。かみこのMCがかみこ日和(仮)の絶大な効果が!!!…という事は特になく、自覚ないであろうかっさーのMCとほぼかぶりでそれを見るタケりなの表情*1を見ているのが楽しいので、もうちょっとそのままでもいいのかなw りかこのダンス大好きだし、ソロメドレーで歌った「タンポポ」すごくよくて、歌詞も相まって何だか聴いていてすごくグッと来てうるうるしてしまいました。むろが、何というか見るたびああいいなぁいいなぁとダンスも歌もあと臆しないその姿勢と。あやちょは本当に神々しいというか、特に後半のヘアスタイルだとよりそう感じてしまうのでした。でも、無邪気さの塊でもあるし。

13ningakari.hatenablog.jp

前回も書いたように本当にアンジュルムの良さを書き綴ろうと思うと、語彙が一気になくなって、アンジュルムすごく良かった。アンジュルム楽しかった。アンジュルムたいこー!たいこー!しか出てこなくなるんですね。ドクターストップこそかからないものの、大好きが止まらないとはこういう事かという気持ちに。

 

そして、ライブハウスツアーがあるからホールツアーに繋がっていくという話をあやちょやりなぷーがしていました。全員ホールツアーにも自信があるようですごく頼もしいなと思い、ホールツアー北海道でもやってくれー(私は見に行くけど)と思ったのでした。

*1:タケちゃんは恐らく過去の自分と重ねて、りなぷーは監督者のような感じ

CVSベイホテル新館に泊まってきました

連泊したと見せかけて、本館と新館に泊まってきました。CVSベイホテル本館から1分ちょっとの場所にあります。

今回はユニット、つまりカプセルホテル形式の部屋に泊まりました。新館は通常の部屋とカプセルホテルが併設されています。支払いは本館同様に自動チェックイン機です。

荷物や服、靴をしまうためのロッカーの鍵と一緒になったカードキーを渡されます。このカードをかざすことで、ユニットエリアへの移動が可能となります。

ロッカーには機内持込可能なキャリーケースであれば、しまうことができました。

ロッカーエリアを進むと洗面所、トイレ、シャワールーム(2つ)のあるスペースがあり、更に扉を開くとユニットスペースとなります。

ユニット内には上下の作務衣とフェイスタオル、ボディタオル、歯ブラシ、ブラシが用意されています。

以前泊まった室町のベイホテル同様ユニット内にはセキュリティBOXはありません。コンセント同様USBコンセントがあり、ライトは2種類(一つは調光可能)がありました。

シャワールームには、シャンプー、コンディショナー、ボディソープが用意されています。洗面所には紙コップと洗顔剤などありました。自ユニット内にはティッシュはありません。

 

朝食は、ホテルを出て小道を挟んだ「しゃもじ屋」でとります。個人的にはこちらの朝食の方が野菜の入った味噌汁やおひたしがあって胃に優しいと感じました。

耳栓は常に用意して旅行しているのもあってか、大きなストレスもなく寝泊まりできました。

 

ただ、シャワールームが2つだけだったので、順番待ちしてたのがちょっと不便かなぁ。