13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

ファンフェスティバル2007

行って参りました。開場時刻は9:30の予定だったものの、気温の低さ、行列の長さを考慮して20分早まって9:10開場に変更。抽選の結果、当選者だけが参加できる形式のため、座席は見た感じびっしり埋まっていた。外野エリアが解放されてからは、芝からステージなどを見ている人もいたり、コンコースの階段に腰掛けて映像を見ている人もいたりと、とにかく人は多かった。

ヒルマンラストライブ

ヒルマンのラストステージではいつもどおりB・Bがピアノ伴奏をして、金子誠の登場曲でもあるダニエル・パウターのBad Day、ケルティック・ウーマンのYou Raise Me Upを歌った。最後は、彼と一緒に歌いたいと思うというような話から始まって、金子と森山直太郎のさくらを歌った。
トレイ・ヒルマンという人は日本食だって嫌いなものは絶対に食べたくないし、なんだかんだ言ったってアメリカ人ではあるんだけど、昨日の大沢親分を見つけるやいなやオープンカーから飛び降り、手袋をすぐさま外して握手するところだったり、こんな曲を岩本勉に金子クンを理解してくれたと言わせるような人間である金子誠と歌うあたりが、ある意味日本人的というか日本人の心情は分かっているのかもと思わせる。

誰かに似ていると思ったら

ファンフェスの楽しみと言えば、今成亮太捕手のダンスなのですが、誰かに似ているような気がしていたのがようやく解決。なんとなく、市川春猿さんに似ている(目元)。

トレード組

歌藤も金澤健人もそれなりに*1溶け込んでるよ。という写真を載せようと思ったら、歌藤に夢中すぎて金澤の単独写真がなかった・・・。
障害物競走に出た歌藤達夫投手

田中幸雄選手の胴上げに何とか参加する金澤投手

田中幸雄引退セレモニー

決して本意である引退ではなかったかもしれません。そして、北海道移転後にファイターズのファンになった人間(私も含め)は必ずしも田中幸雄という人がどういう野球人生を送ってきたのか知り尽くしてはいませんが、以前のえのきどいちろうさんのコラムに通ずる気持ちを持っていたんじゃないかと思います。
昨日のパレードでも参加していましたが、花束贈呈の時金村曉投手が登場しました。2000本安打の時も真っ先に祝福しに飛び出していったし、本当に労いたかったんだろうな。できれば、ユニフォーム姿で。と思った。金村は私と同い年で、だから尚更色々と思うところはあったりしますが、どうにもうまくまとめられません。
幸雄さんには是非しっかりと体を休めて頂いて、もし本人の負担にならないのであれば、またユニフォームを着て貰えるといいなと思います。

*1:歌藤は溶け込んでるように思う。金澤はポーカーフェースっぽくてよく分かんなかった。でも、外様に優しいチームなので溶け込んでいるはず