13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

何故かはっきり覚えてる

7年前は金曜のゼミで先生から「大衆演劇への旅―南条まさきの一年二ヵ月」(ISBN:4624700759)を借りて、寝ないで明け方まで読破。8時過ぎに寝て昼頃に起床。生協インターネットから契約完了の封筒が来たのでPower Mac 4400/200に電話線をつけて各種設定にいそしむ。いつもなら夕方のニュースを見るんだけど見なかった。・・・で、夜のニュースを見て絶句。いかりや長さんの時だってそうだけど、自分の思い入れのある人が亡くなると「この人、驚かせようと思って壮大なドッキリ仕掛けてんじゃないの?」と思ってしまう。
あれから7年。hideちゃんの年に近づいてってるんだけど、私はいまだにろくな大人じゃないな。そういえば、真由子ちゃんは元気なのかな。
そんな訳で私が何か新しい技術にふれる度に「生きてたらどう思うだろうな」と思うのは、hideちゃんと手塚治虫先生です。