13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

黒柳徹子さんのお芝居を観てきた

黒柳徹子さんが年に一度舞台をされている。というのは、何年か前に「巨乳の特殊メイクに徹子さんご満悦」というようなニュースを見て知っていました。知っていましたが、多忙な徹子さんが我が地元まで来る訳もなく、気になるなぁと思うに留まりました。

NHKで放送された「トットちゃんねる」などを見て気持ちも高まったところで恒例のお芝居があると知り、上演期間を調べると、ちょうど私が上京するタイミングでやっていました!

1階席9800円/2階席8500円/グッドプライズシート6000円

ハロプロみたいな料金だなと思いつつも、フィギュアスケートを見る時だってケチって一番安い席にしたらきちんと見えないものだし…と迷った挙句、2階の最前列で見てきました。

会場のEXシアターは、1階の1-5列目がフラットで、それ以降は段差があるようでした。2階席もしっかりとした段差(階段2段分)があり、モヒカンとかじゃなきゃ前の人で見えない事はなさそう。私の座った2階最前列は、高所恐怖症の私でも耐えられる程度で見やすかったです。

 場内には親切にも上演時間の掲示まで!

f:id:hawking:20171018124456j:image

腰が痛い人とかにも優しい構成ではないでしょうか。

お芝居自体としては、老人ホームの一室が舞台となっていて、4人以外は出て来ない(けど、話には他の人たちもいる)形式。舞台転換するスタイルのも面白いけど、これはこれでじっくり腰を据えて見たいられます。海外コメディシリーズなので、最後はコメディー要素たっぷりで終演となったものの、徹子さんがキラキラとされていてなんだかよく分からないけど、涙が止まりませんでした。

団時朗さんもダンディーだったし、鶴田忍さんも普段のドラマだとにくいあんちきしょうな感じですが、憎めないおじさまで、茅島成美さんもお茶目なレディで楽しいひと時となりました。

来年、もう少し前の席で見てみようかな。