13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

夏になると思い出すこと

夏というか誕生日間際になると思い出すのは、小さいとき誕生日直前の大雨でひざ*1まで雨水がたまった後、残された砂のような土で遊んだことと、日航ジャンボ機墜落事故のこと。後者にいたっては、もうすぐ誕生日ヒャッホーイ♪という気分の時にラジオで聞いたのを強く覚えています。

幼稚園の時に、まだ健全な雰囲気の強い24時間テレビで割と近所に坂本九が募金を募って来ていた事があって、祖母と一緒に出かけました。坂本九という人がどういう人なのかはイマイチ分かっていなかったんだけど、このおじさんはすごくニコニコとして「(募金)どうもありがとう」と言ってくれて、色紙にサインもくれました*2。カメラが回っているからニコニコしとこうというんじゃなくて、普通にいいおじさんだった。幼稚園で練習していた木琴を強く叩いた時の凹み方と九さんのあばたが似ていたと当時の私は感じたので、その後も木琴のおじさんと呼んでました。

そんな木琴のおじさんが乗った飛行機が行方不明に。というのもショックだったし、テレビでみた山肌や機体、ヘリで救助される割と年の近いお姉さん、どれもが9年生きてきた中で見たことのない光景(TV越しだけど)だったので、呆然とした。

明日で事故から24年です。航空業界にはけして風化させて欲しくないものです。

*1:子供時代の私の

*2:が、帰宅後、私の落書きの被害に遭ってしまった