読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

思い出すのはいつもあの時

大学の時、聖戦士ダンバインガンダムとプラモデルに少々はまった時期があって、それというのはラルクがsakuraの逮捕に伴う活動停止をしていた時期だったりします。やる事ないな(勉強とか就活しろよ!)と思って、プラモデルをよく分かんないながらも組み立てていたので*1、アルバム「True」を聴くと、塗料の匂いを思い出します。
あの頃もNIFTYなんかはあったけど、まだ今ほどインターネットが大いに盛んという時代ではなかったから、sakuraの逮捕に心を痛め(つつ、急にげっそりいってたから「やっぱり」感ももちつつ)、図書館へ行って覚醒剤とはどんな感じのもので、どう良くないのか調べた記憶が。そして、ああ怖い怖いと思ったものです。
ただ、「私がsakuraの代わりになるから、sakuraを釈放してあげてー><」とかは思って覚えはありませんw それはしょうがないし、せっかくの機会じゃないか。と当時大学生の私でも思ったんだけどなぁ。・・・あの電話の話は、ネタなんだよね?
とりあえず、アレだ。薬物、ダメ、ゼッタイ。

*1:tetsuがSHOXXでダンバイン等を薦めていた