13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

はてなプロ野球’07

しびれるゲーム

取りあえず、セリーグカープをこっそり応援しているので、カープvsドラゴンズ戦を、パリーグは面白い展開と思われるマリーンズvsオリックスを見ております。たまたま替えたら、平野恵一のファインプレー。さすが、光プレー大賞だけあります。
そして、カープですが、達川光男の解説、実は結構好きです。絶え間なく喋っているんですが、岩本勉のムダ喋りとは方向性が違う気がします。大塚光二の絶え間ない喋りもムダ喋りではなく、自分の知っている情報を伝えよう伝えようという気持ちからマシンガントークになってしまっているのですが、達川さんの解説は愛情を感じるというか敬意を感じるというか、聞いていて面白いし。
解説者で好意を持てるかどうかというのは、自チームだけではなく相手の選手の良いところも讃えることが出来るか、一方的に好意をもった解説をしないかどうかだと思います。そこいら辺で、スカパーのホークス主催ゲームにおける藤本博史氏の解説も好きになれませんし*1、ライオンズ主催ゲーム・・・ここはアナウンサーがライオンズ贔屓が強すぎるから解説はそうでもないかも。
いずれにしても岩本勉の解説は好きじゃないです。でも、ファイターズOBだからかだんだんとGAORAでの解説ウェイトが増えてるんですよね。私は光山英和さんだったり、福間納さんの方が好きです。
あと関係ないけど、王「監督」と呼ぶのは当たり前ですが、結構「ヒルマン」と呼び捨てにされるケースが多いんですよね。貞治とか呼び捨てにしないのになぁ(´・ω・`)

*1:これは実況にも責任があると思います