13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

思うこと

うちの親は心配性なので、小学生に上がる前に通学の注意点みたいのをくどくどと教えられた。座布団を駐車車両に見立てて、道路脇に車が停まっているとき、さぁどうやって反対側に渡る?みたいな事を延々とさせられて、「もう、いいよー」と思ったのを覚えている。
さて、風見しんごのお子さんが亡くなって痛ましい事故だなと思うとともに、こういう痛ましい事故が毎日起きているんだと思うと何だかやるせない気持ちになってみたり、弔事を聞いてもの悲しい気持ちになったりしつつ、その言葉通り、歩く時も車に乗る時も気を付けている訳ですが、ちょっとどうなのという光景を目にした。
札幌は雪が例年よりは少ないとはいえ、横断歩道上はアイスバーンだったりする。携帯を見ながらヨタヨタと歩く女性が何か大きめの物を持っているようだったので、その先を辿ると子供の手を引っ張っていた。あんた、子供連れてるんだったら携帯なんて信号待ちとかバス待ちの時になさいな。あんたがこけたら子供もこけるぞ!と、他人事ながらむっとした。子供の身は親が守るものという考え方は、昭和人間の考えなんでしょうかね。
で、天漢日乗さんによれば、えみるちゃんをはねたのは花王の関連会社、花王ロジスティクスらしいけど、すこやかな健康を願う会社がまさかそんな・・・。不二家のニュースが多いのって、案外こういうニュースの煙幕の役割もあったりしてね。