13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

Scansnapを使い始めて

家族アルバムの整理を契機として購入したS1300i。その後の話です。

 

当初、家族写真をスキャンしていたのですが、いやいや待てよ、雑誌の方が嵩張りを減らしやすいのでは?と雑誌のスキャンを始め、紙としても残しておきたい物のみ残し、嵩張りを微減する事に成功しました!*1

それですっかり嬉しくなって、「そうだ!手持ちの超人ロックも電子化してしまおう!」と思い立ち、数冊をスキャン。

 

そして、再び雑誌のスキャンを始めたところ…白っぽい縦線がスキャン画像のなかに目立つように。

 

こんな時はマイクロファイバーで優しく拭いてあげようと拭いてみたものの、縦線の主張は変わらず。

F1クリーナーを買いなさい的な事が公式サイト当初にはあり、F1クリーナーの代用品としては無水アルコールが示されていたものの、コロナ禍においては無水アルコールの方が見かけません。

F1クリーナーを染み込ませたタイプの商品「クリーニングワイプ」というのがあったので、液体のクリーナーよりも管理のしやすそうなクリーニングワイプを購入してみました。

 

富士通 クリーニングワイプ FI-C100CW

富士通 クリーニングワイプ FI-C100CW

  • 発売日: 2011/04/01
  • メディア: Personal Computers
 

 

届きました。メガネクリーナーのような作りです。ガラス面やローラーなどを拭いてみます。

 

…縦線が取れません。

 

再度恐る恐る力を入れてガラス面とその周辺を拭き直しました。

 

無事に縦線が消えました。ガラス面に紙の埃等が付着すると縦に筋のような線が入ってしまうそう。ローラーが案外黒く汚れていたのをコミックをスキャンしたインクと推察して、浮かれて始めた漫画のスキャンは一度取り止めて、まずはカラー雑誌のスキャンに注力することにします!!

 

因みに最後のページが吸い込みにくい問題はダミーを最終ページの次に入れる事で回避出来そうです。

 

 

……何かスキャンする本来の目的を忘れてますね?

 

*1:私はバイタリティが乏しく疲れやすい