13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

勝田さんへの勝手な安心感

私が初めて勝田里奈さんを知った時の感想は「え、この人、本名?奇面組みたいなのじゃなくて???」です。かったりーな→かつたりな→勝田里奈って奇面組とかでありそうなパターンなので。

 

じっくりと腰を据えて誰かと話す機会がないので、思っていた事をついでなので書きますと、りなぷーはアンジュルムになって後輩が入って来てからの方が強みが活かせている気がします。もしかすると、それは自分が受けてきたと感じていた事をそのまま後輩にもしてあげているだけかもしれませんが、それが2期というものなのかもしれませんが。

 

私はりなぷーがブログで授業やファッションに充実した様を書き綴るのを読むが好きでした。ああ、夢に向かうというのはこうもキラキラしているのだなと思ったのです。

自分はというと小学生の時に漫画家になりたいと思ったものの、女の子が描けずに断念。これといった夢もなく過ごしてきたので、本当にりなぷーの生き生きしたブログは眩しい。

 

と言うわけで、冷静に考えれば、芸能活動とカリキュラムが密集した短大を両立ささた上で今春卒業し、次に向かう下準備は整っていたのです。

整っていたのを分かっていたにも関わらず、私は何故か「りなぷーはまだまだアンジュルムにいるに違いない」という願望を安心感と取り違えて過ごしていたわけです。

あやちょのいなくなったアンジュルム*1でりなぷーもじっくり見ていきたいなー。

なんて思っていたのですが、あと3カ月で卒業。地方民には一度に各グループが見られるものの、持ち曲2-3曲しか聴けないイベント・ハロコンが暫く続くので見られるライブ的にはそんなに「じっくり」なんてことはないのです。

 

一年前から考えていたのにあやちょの卒業イベントがひと段落してから自身のことは発表するというのは謙虚さ、敬意を感じると共に、これがこの人の美学なのかななどとも思います。涼しい顔でさっとやりきるスタイル。

 

じっくり見れないとなると、私は「いちごモンスター」「ラスボス」などの二つ名を持つ彼女のアイドルとしてのラストスパートをなるべく見逃さずに過ごせたらいいなと思うのです。

 

それにしても……ベスト盤ではないアルバムが出たのだから、収録曲のオリジナルメンバーでのアルバム曲ツアーを観たかったなぁ。これは既に叶わないし、本当に無念です。

 

 



*1:まだ実感がない