13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

スケジュール帳を買いました

何年か前に私もスケジュール帳をやってみよう!と思い立ち、ほぼ日手帳を買いました。迷いに迷って選び抜いて買ってみたものの途中で挫折してしまい、何も書かないのも癪だなとプロ野球の試合結果を書き綴った事があります。

 

2017年の秋口にミスドのスケジュールンルンが出ると知って買いました。ところが、冷静に考えて私はそもそも一年に一度ミスドに行くかどうか。結局クーポンだけ人にあげ、デザインのポップさとは裏腹に残業の記録として家で書き綴っています。

 

そうだ手帳買おう

来年も残業を記録すべく、セリアでバーチカルの手帳を見つけたので買ってみました。この方が残業記録して視覚化しやすいものね。どうせ長続きしづらいので、手帳は108円でよろしい。

 

などと思っていたところに、私の大好きなアンジュルムが2019年春先にホールツアーをやるらしい、そのツアー日程にはわが街も含まれているらしいとの報せを受けました。

 

ま、まじかー!!(歓喜

 

嬉しくなったので、ツアー日程を手帳に書き記したい!しかし、108円の手帳はそれに相応しいのか。否! 手帳を新調しなくては。となった次第です。

 

今までの反省点を省みる

私の大きな特性として、「とてもうっかり・忘れやすい・落としやすい」があります。なので、手帳は持ち歩かずに家に置いておきました。持ち運ばない事で手帳の役割の何割かを殺してきた気がするのです。

→持ち運びが苦にならない大きさを選ぶ事にしました。

 

細かくスケジュール確認できたらいいんじゃね?などと買って野球の試合結果に落ち着いたので、そんなにきっちりみちみちと書き連ねる必要もないのです。

とはいえ、来年こそは資格試験を受けないといけないので、その把握も出来たらいいな。

→マンスリー+ウィークリーが欲しい。

 

実物を吟味、吟味、また吟味

地元の古豪文具店である大丸藤井セントラルへ行ってみました。最盛期なのか、手帳がコーナーにまとめられていたのでそこから探します。重たい物は構想から排除。数パターン出している手帳メーカーがそれぞれのタイプはどのような人に向いているか、それぞれのタイプの特色を箇条書きしている物がありました。

バーチカルいいなーと思ってましたが、私は分単位で動く人間でもないので却下。勉強する予定があるものの、ガントチャートまでは不要…結局レフトタイプにしました。そこのシリーズが用紙の色も目に優しいクリーム色で、角が丸くて痛くなさそう、そんなに重たくもない。

 

こんなアナタにオススメ!

  • たくさんメモを書きたい人
  • 時間管理をしたい人
  • 予定欄とメモをバランスよく使いたい人

 

 と書かれていたダイゴーのウィークリーレフトの手帳にしました。

 

 

 いざ、使用!

ひとまずこんな感じでホールツアー日程を書き加えてみました。

f:id:hawking:20190101174814j:image

それでは皆様今年もよろしくお願いします。良い事いっぱい書き込めるといいなぁ。