13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

京急EXイン羽田へ泊りました

アンジュルムの武道館公演を見た後は、翌日なるべく早く出社する事になっていたので、泣く泣く荷物を手に羽田方面へ向かいました。

羽田空港のファーストキャビンへ泊った際は出立の早い人達の物音でしっかりと眠れなかったため、今回は個室に泊まります。新しくて、空港までの無料送迎バスがあるので、最寄り駅が天空橋である京急EXイン羽田に泊まる事にしました。

口コミなどを見ても、駅周辺には飲食店がないらしく、一旦新橋で降りて怪獣酒場新橋蒸留所で食事を済ませました。ここ、食事だけでもお通し代*1がかかるのをすっかり忘れていました。でも、メフィラス星人ゲットできたのでよし。新橋で食事をしたのは、そのまま京急へのアクセスが良かったからです。

 

 

 

最寄り駅を降りて

最寄り駅の天空橋で降り、少し長めの駅構内を抜け、橋を渡り少し歩くとホテルがありました。フロントは2F。そして、駅からここまでで少なくとも通り沿いにはコンビニも飲食店もありません。口コミを信じて予め腹ごしらえしておいて本当に良かった。

ホテル自体は新しいのでとてもきれいです。フロントと同じフロアに朝食会場があり、そこにセブンイレブンの自販機があって、軽食などが用意されています。私は飲料だけ買いました。製氷機もすぐ横にあります。

部屋の様子

この日泊まったのは4FのスタンダードセミダブルType-Bです。エレベーターから出ると、飛行機モチーフの案内が。

f:id:hawking:20180605224419j:plain

運が良ければ、空港ビューの部屋が待っていると聞き、嬉しくなってカーテンを開けると…住宅街側でした。まあ、そういう上手くは行きませんね。

f:id:hawking:20180605231246j:plain
f:id:hawking:20180605231328j:plain
入口すぐの洋服掛け。セミダブルのためかハンガーが多くて助かる。

消臭剤も完備です。そしてこれだけハンガーがあると、上着翌日の服の準備もしやすくて便利です。

f:id:hawking:20180605231552j:plain
f:id:hawking:20180605231753j:plain

ベッドサイドの様子。左上にちらりと見えているのが窓です。枕元のライトは調光タイプです。type-Bの部屋はミニソファとテーブルが特徴で、type-Aは出張の人向けのデスクタイプでした。私は荷物を整理して寝て起きるのが目的だったので、こちらの部屋にしました。ソファの奥に空の冷蔵庫があるので、飲み物を冷やす事ができます。冷蔵庫の上には空調機とTVのリモコンがあります。コンセントもあるので、充電もできました。

 

f:id:hawking:20180605232311j:plain

ベッドと対面する位置にTVがあります。通常のTV機能の他に、wifiのパスワード確認や無料送迎バスの時刻表などもTVで確認が可能です。夜中に一旦起きてBSJAPANのTOKYO GIRLS LIVEを見てやろうとの目論見はどろどろに疲れていたので実現せず。

f:id:hawking:20180605232326j:plain

ベッドサイドには目覚まし時計とスイッチ系が用意されています。USB充電も出来るのでこちらでスマホの充電ができます。写真を撮り忘れましたが、京急EXイン羽田のナイトウェアは上下セパレートタイプのワッフル生地のパジャマです。寝相を気にすることもなく、寝やすかったです。

 

バスルーム

f:id:hawking:20180605232927j:plain
f:id:hawking:20180605232935j:plain

バスルームの様子。ドライヤー用のコンセントがあるので、こちらで髪を乾かす事ができます。バスタブの上には、最近減ってきた気がする物干しロープがありました。もう少し早くチェックイン出来ていたら使いたかった…*2。シャワーの水圧はまずまずです。

f:id:hawking:20180605233355j:plain

備え付けのシャンプー類は資生堂の「uminela」シリーズでした。

朝食会場

さて、朝食は2Fの朝食会場でいただきます。朝食会場からは少し離れた羽田空港の様子を見る事が出来ました。飛行機!

f:id:hawking:20180605233721j:plain

 

食券を出して、洋食か和食か伝えます。私は朝から魚を食べる自信がなかった*3ので、洋食を選びました。ハーフのトースト×2枚、ウインナーと目玉焼き、野菜の入ったトマトスープ、小鉢数種からひとつ(ヨーグルトを選択)、マーガリン&ジャム(ストロベリーの他にもはちみつ、ブルーベリーなどあったはず)です。

 
f:id:hawking:20180605224431j:plain

朝食が宿泊予約サイトの口コミではなかなかの酷評だったので、ちょっと楽しみにしていたのですが、思いのほかきちんとしていました。食の細い人間にはこれで十分です。

f:id:hawking:20180605234137j:plain

前夜は手前の自販機しか見ていなかったので、夜も使えたのかは不明ですが、朝食時には緑茶も飲む事ができました。

 

チェックアウト

f:id:hawking:20180605234150j:plain

チェックアウトは写真のチェックアウト機にカードを通して終了です。この機械はフロント階にもあったかと思いますが、バスの待合室である半地下フロアにもあるので、一旦フロントに立ち寄る手間が省けます。乗れない可能性もあると聞いていた無料送迎バスですが、無事に乗ることができました。一般的な路線バスのサイズで、キャリーケースを想定してか、乗降口はノーステップタイプだったと思います。

 

周りに飲食店やコンビニが見えなかったものの、翌朝早くに出立するのであれば、このホテルは十分良い立地にあると思えました。まあ、翌日もしっかり休暇を取れるにこしたことはないのですが。

*1:ジャイアントコーンとドライフルーツ&しっかりとしたコルクのコースター

*2:とにかく眠たくて余力がなかったのです

*3:胃弱のため