読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

新しいライブ用耳栓を買ってみました

(ここまでのあらすじ)

ライブハウスのスピーカー前でもへっちゃらだった十代が遠い過去となった頃、知り合いの知り合いのライブを見に行って「好みの音ではないなー」と思っていたらまさかの耳鳴りになってしまったでござる。しかも、普段耳鳴りが残って完治せず。*1悪化を防ぐため、減音タイプの耳栓を使う日々が始まったのである。

 

クレッシェンドの耳栓を買いました

このところもっぱらEarPeaceの耳栓を愛用していて、特に不安や不満もないのですが、時々タワーレコードのツイートで見かけて気になってたんですよね。今日はモーニング娘。'17の札幌公演があったので、良い機会と思って買ってみました。

  • 通常サイズと小サイズが入っている
  • ただし、フィルターは1セットのみ
  • 色は白のみ
  • 中の説明書には日本語記載はなく、図解とヨーロッパ数カ国語のみ

主な特徴はこんな感じ。

EarPeaceと比べて、外す時に引っ張るシリコンゴムが少し丈夫です。シリコンゴム以外のパーツはフィルターのみなので、長時間付けていても気にならないと思われます。

一番最初に買ったタイプの耳栓は、中のフィルター及び芯がガッツリと主張していたので、ライブ終盤になると耳が物理的に痛かったんですが、EarPeaceも今回買ったCrescendo Musicもその点は心配無用です。

 

実際に使って

念のためEarPeaceを持って行きましたが、Crescendo Musicだけで大丈夫でした。音楽は聴こえるけど、耳への音の当たりはだいぶ緩和されるのはどちらの商品も変わらずです。因みに買ってみようかなと思った理由の一つが、輸入販売元がキーボードでお馴染みのKORGだったからです。ミーハーだよねw

 

値段を考える

今回はタワーレコードで税抜2100円で購入しました。多分もう少し安く買える通販もあるはずです。どちらにしても、ライブへ行って難聴になった時に耳鼻咽喉科へ速やかに行って聴力検査を受けて、最低1週間は飲む薬代に比べたら安いです。

普段は平気だけど、ちょっと疲れ気味だなーという時に半分お守り気分で持って行けば、少し耳がしんどい時につける事で病院回避できると思います。ライブ難聴は繰り返すとどんどん耳がへたります。是非、将来にわたって音楽を楽しみたい場合はどこのどんなのでも良いから音を少し小さくしてくれる耳栓の所持を検討してみてください。小さいお子さんいる方なども是非。

 

 

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music

 

 

 

 

 

*1:耳鳴りの要因が疲れやストレスもあるらしいので、普段平気な爆音でもなる可能性があるらしい。