読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

「徹子の部屋展」を見てきました

雑記

4/29〜5/10、さっぽろ東急百貨店で開催されている「徹子の部屋展」を初日に見てきました。元々関心があったので、前売り券は買っていて、悪天候で初日なら割と落ち着いて見られそうだと急遽思いついての出発です。
その日の客層としては基本的にご婦人が9割。私が多分最年少。収録スタジオを再現したセットを見られるというので楽しみにしていたのです。15:30〜17:00の間は撮影のため見えなくなるとのことで、15:15ごろに慌てて入って他の展示物はさておきまずセットを見に行ってぎりぎりセーフ!いぇーい!

…のはずが、既にセッティングは始まっていてとてもじゃないけど近くに行けない雰囲気。ちょっと、こういうのも表の看板に書いておいてくださいな。

展示は年表パネル、全放送回の出演ゲストが書かれたリスト、楽屋を再現したセット(愛用の品々の展示も)、最近出演したゲストの寄せ書き状サイン入りのポスター2部(ももクロなどありました)。放送前の様子などのVTR、撮影セット、実際に着た衣装、衣装を疑似体験できる場所、チャリティーオークションの品などです。

私、おしゃれはからっきしなのですが、フィギュアスケートの衣裳だったり、ハロショで展示されている衣装の設え具合を見るのは大好きなので、実際に徹子さんが着ている衣装を見ることが出来て楽しかったです。本当に手が込んでいて、こういう突飛な衣装を着られる三傑*1だなぁと。そこで出会ったであろう奥様同士が「私、徹子さんのお召し物が楽しみで毎日録画してるんですよ」などと話していたり、ヴァーチャルで衣装を着ることができる(指定位置に立つと鏡のように目の前に用意されたモニタに自分が写り、数種類の実際の衣裳と同じ物を仮想的に着る事ができる)コーナーでもOVER70のご婦人が本当に少女のようにはしゃいでいて「魔法のようだわ」とおっしゃっていたのが印象的です。

その日は実際に徹子さんが来道して高橋惠子さんをゲストに収録をするとのことで*2、実際に見る女優さんは本当に美人だなと、フロアに広がる感嘆の声を聴きながら感じたのでした。

年表パネルには、恐らく黒柳徹子史を語る上ではキーとなる人々との写真だったり、その人について述べた書籍の一節が記されたりしていたので、NHKで放送開始されたドラマ「トットてれび」を見るのにも参考書的な位置づけになるというか、そういったキーパーソンの方はほぼ鬼籍に入られていて、それを慮ると何とも言えない気持ちになるのでした。

*1:個人的に勝手に。黒柳徹子、楠田絵里子、今くるよ師匠

*2:だから、所定時間封鎖されていたのか