読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

ホテルメッツ駒込

ホテル

筋肉少女帯日本青年館公演を見に行った際に宿泊しました。日本青年館の最寄り駅が複数あるという微妙なロケーションのためどこに泊まるか迷いました。
昔、スチール製のカプセルホテルに泊まってこっぴどい目に遭ってからは割と新しい、壁が薄すぎないというのがホテルの選択基準です。そして、ライブ後に泊まるホテルの基準としては浴槽が広めor大浴場がある、できれば朝食付きというのが個人的な選択基準です。

ホテル入口〜部屋入口

ホテルメッツ駒込は2009年オープンと新しく、駒込駅から徒歩0分とのふれこみだったのでこちらを選びました。JR南口からも地下鉄の出口からも本当に目と鼻の先で、2Fにフロントがあります。チェックインを済ませるとかざすタイプのカードキーを渡されます。エレベーターに乗り宿泊階へ移動する時にもカードキーをかざさないと進まない仕組み。そして8Fは女性専用フロアなので、エレベーターを降りた後にも再度カードをかざしてドアを開きます。部屋に入るとすぐにハンガーとオープンタイプのクローゼット、リセッシュ、スリッパ、青竹踏みがあります。

ベッド周り


ベッド横のナイトテーブルの脇には空気清浄機、机の上には美顔器!*1、机の中央に見える物体がスピーカーでiPodを聴くこともできます*2。パジャマはロングタイプ(ワンピースみたいの)。写真には写っていませんが、もちろん冷蔵庫もあります。そんなにうるさいタイプのやつではなかった記憶。ゆとりさえあれば音楽でも聴きながら美顔器を使ってみたかったー。

バスルーム


浴槽の大きさを数値化しようとメジャーまで持っていってメモしたのに帰宅後に無くしましたorz 160cmの私が入ってもしっかり足を伸ばす事のできる大きさで、深さもきちんとありました。ボディーシャンプー/シャンプー/コンディショナーはPOLAのアロマエッセシリーズ。バスソルトもありました。

ナイトテーブルおよびコンセント




ナイトテーブル上には目覚まし時計と電話とメモ帳。グリーンで囲んだのがコンセント。ピンクで囲んだのが複数メーカーの携帯充電アダプター?*3、ここにケーブルを繋げば充電できるはず。その他のコンセントは気付いた限りではバスルームにドライヤー用のものが一つ、玄関入ってすぐに2つ、机の上に3つ(正味2つ)。これだけあれば充電や電源取りにも困らないと思います。

朝食

朝食は同じ建物(フロントからドアを隔てて隣)のガストかお蕎麦屋さんが利用可能。私は朝からばたばたしていたのでガストのモーニングで済ませました。

全体的に満足しています。また機会があったら泊まりたいホテルの一つになりました。

*1:遅くに帰って、早く出かけたので使えず><

*2:同じく今回は利用できず><

*3:iPhone未対応