読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

放射能漏れ 何に注意が必要か NHKサイトより

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110312/k10014629021000.html
が携帯サイトだと見えないかもしれないので、コピペ。


(2011/3/12 20:54追記)
枝野官房長官の記者会見によると、爆発の理由は炉心の水が足りなくなって発生した水蒸気が水素となり爆発したため。格納容器の破損はない。とのこと

放射能漏れ 何に注意が必要か

原子力災害が起きて、施設の外に放射性物質が漏れ出た場合、何に注意すればよいでしょうか。まず、今回は、施設の外に放射性物質が漏れた状況や、どのくらい漏れたかなど詳しいことは分かっていません。このため、国などが避難指示で示している施設から半径10キロよりも遠い場所に避難することが大切です。さらに、10キロよりも遠くに避難したとしても、状況がはっきりするまでは、できるだけ、建物の中にとどまり、外に出ないことが重要です。
原子力発電所から放出される放射性物質は、ヨウ素希ガスといった気体のような状態で出るため、これらの物質から出る放射線からの被ばくを防ぐ必要があります。そのため、▽室内にいる場合はドアや窓を閉めたうえで、換気扇やエアコンなどを止めること、▽一方、屋外にいたり避難で移動したりする場合はマスクをしたり、タオルやハンカチを水でぬらして口や鼻を覆うと放射性物質の吸い込みを防ぐ効果があります。また、▽服装は皮膚の露出をできるだけ抑えることが大切です。さらに、▽呼吸や食べ物によって体内に放射性物質を取り込む「内部被ばく」も防がなければなりません。「内部被ばく」では、体内に放射性物質が蓄積されると、長期間にわたって放射線の影響を受けることになります。一方、▽屋外から自宅へ戻った場合は、衣服を着替えたうえで顔や手を洗うことが必要です。▽水道の水や井戸水、それに屋外にある野菜などの食べ物は、自治体の調査や指示があるまで念のため食べないよう気をつけることも必要です。