読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

ファイターズ・エクスペリエンスに参加してみた

fighters

前回色々と書いた通り、球団サイトの分かりやすいところに案内が出ないものの、FANSメールからの案内で詳細(エクスペリエンスの参加資格は、各○×デー対象者)が判明したので、レディースデーの水曜日に参加をしてきました。
キャッチボールがしたくてしたくてたまらなかったので、キャッチボール教室に参加。試合終了後に定められた場所でビブスを受け取り、集合場所(センターの席の下あたり)へ。参加コースによってビブスの色は違うのですが、真っ先に集まっていたのはキャッチボールコースの人達でした。キャッチボールやフィールディング(守備)を体験するには自前のグローブが必要です。大雑把な概要としては、各コース共に30分間で実技と解説があるようです。普段全く運動をしない私は、ものの5分で息があがりました。終わった頃には背中もびっしょり。
立石「先生」の講義内容は直接聞いた方がいいと思うので割愛しますが、全然知らずに投げていた部分もあったので、参加して良かったと思いました。球団職員の方が「野球の楽しさを知って欲しい」と開催理由を話していましたが、ものっすごく疲れたものの、キャッチボールが楽しくて楽しくて仕方がなかったです。またやりたい。
もっと皆参加した方がいいよ。(楽しいよ)と思ったので、職員の方には「パッと見で分かるところにエクスペリエンスについて掲載されていないので、知らない人も多い」と伝えておきました。別の方も、参加できる曜日をもっと増やして(○×デーの日に限らず)と話していました。
この日は、STVとのコラボ企画も同時開催だったので、そちらの参加者も合流していたためか、思っていたよりも各コースの参加者は多かったです。(走塁コースは参加者ゼロだったためか中止)その日開催された各コースの中では、キャッチボールが講師の説明時以外は動きっぱなしだったので、一番運動量があったと思います。
しかし、やっぱりカメラが回っている時の永井公彦アナは愛想いいなー。*1

*1:HBC山田泰子アナウンサー(当時)は、カメラ回ってなくてもすごく感じが良かった