読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

赤星憲広選手引退

第一報を聞いて驚いた。私はセリーグは詳しくないので、怪我をしていたというのもうすぼんやりと聞いたような気がする。程度だったのだ。やっぱり、新庄とかみたいに守備で魅せるタイプの人は怪我で思うようなパフォーマンスが出来なくなるとそれが許せなくなるのかななどと考えていたら、実際はもっと深刻な事態に陥っていたようで、昨年などはご両親が念書を書いていたり、次に傷めたら・・・という話を聞いて、三沢光晴さんの事を思い出した。
そして、次に知り合いの阪神ファンの事を・・・というよりも、以前オールスターゲームを見に宮崎県へ行った時に偶然知り合った*1阪神ファンの方々(以下、鹿児島の人)を思いだした。そして、宮崎で見かけた赤いかっこいい車椅子の事も。
鹿児島の人が、アレが赤星選手が寄贈している車椅子だよ。と教えてくれた。ニュースなどで話題を聞いた事はあったけど、実物を見るのは初めてだった。鹿児島の人の話では、あの車椅子はそれはもう大人気の高倍率だとの事だった。車椅子と言えば、地味なカラーリングのイメージが強かったので、赤い車椅子というだけでも、おしゃれ感があったし、何より乗っている男の子が誇らしげだった。多分、自慢の車椅子なんだと思う。
これは例えば私が赤い車椅子を寄贈したら、ああなるかと言えば勿論そうではなくて、赤星選手がくれたという事に意義がある。だから、男の子の表情は明るかったのだろう。(もうすぐ野球を見れる喜びもあるのだろうけど)
色々な球団の色々な選手が各種の慈善事業をしているのは知っているけど、実際に形になっているものを目にしたのは初めてだったので、感慨深いものがあった。

今後も同様の活動をしてくれる選手(チーム問わず)が現れることを願うとともに、悔いが残らない訳がないでしょうが赤星選手には今までお疲れ様でしたと言いたいです。交流戦でしか見かける事はなかったけど、うむむやりよると思う守備は何度か見たことがありますので。

*1:雨が酷いので、ホテルから駅までタクシーに同乗させて貰おうと見て分かる野球ファンを探したらグッズが見えた阪神ファンの方々。車で来ていたので、あちこちに連れていって頂き、食事も一緒にさせて頂いた。