13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

週刊御意見番inサンデーモーニング

やくみつる氏が五輪前から星野JAPANに懐疑的だったかは私は知りませんが、少なくとも張本勲は懐疑的だったと記憶しています。文字に起こしてみます。普段見ない方のために補足すると、張本氏はいつも手厳しい意見で知られていて、どちらかと言えば大沢親分はそれを若干なだめるというか「全部言われちまったよ」という感じです。

関口宏(以下、関口):お二人はどんな朝をお迎えでございますか?
張本勲(以下、張本):非常に気分悪い
宏:気分悪いですねぇ(笑) 親分もそうでしょう?
大沢親分(以下、親分):いや、もぅ。(ヘナヘナと脱力する仕草)滅入っちゃうよ、コッチは。
関口:もう関係者に限らず、日本中みんな気分が悪かったと思いますよ、ええ。いいですか?いきなり喝入れないで?
張本:大喝ですよ。
関口:では、先に喝入れておきましょう。
(VTR)
張本:まぁ、悔しいよりもね、情けないね。私はアメリカには負けるとは思わなかったね。二軍戦ですから。アメリカは23人(AAAの選手を)ピックアップしてるんですよね。
関口:アマチュアも入ってるんですもんね。
張本:大学生も一人入ってるんですから。これに負けたらねぇ、絶対駄目ですよ。言い訳なんか言って欲しくないね。
関口:だからこの韓国戦に負けちゃったところで、もう何か力が抜けてたんじゃないですか?
張本:いや、そこでね、私は言葉悪いけどね、首脳陣に不信感を抱いたと思うんですよ、選手が。そうなったら駄目ですよ。
関口:なんで不信感を?
張本:いや、まずねピッチャーの交替。当然代えなくちゃいけないところを代えなかったじゃないですか。これが一つ。それと、左(投手)が3人続いて、左の岩瀬(岩瀬仁紀投手)が投げてる、投げさせてるんですよね。日本では通じるかわからんけども、あれ位のクラスになったらね、逆に左ピッチャーの方が好きなんですよ。韓国のリーね、4番(イ・スンヨプ)、彼は右ピッチャーだったら(球が)懐に入ってくるから非常に嫌なの。
関口:全然当たってなかったんですよね?
張本:当たってない。とね、もう一つは岩瀬は、3〜4年前の岩瀬じゃないです。今はもう力落ちてますよ。
関口:ちょっとね、調子が…
張本:なぜなら、(以前の岩瀬は)スライダーが、真っ直ぐ来て手元で曲がってたんですよ、で、打ちにくかったんですよ。今は、スライダーが早く曲がるから、バッターが分かるの。こういう(バッターの)眼力ね。
関口:だから、調子が悪かった岩瀬をまたここ(対韓国戦)でも使わなきゃなんなかったのか、使っちゃったのか。
張本:ええ。それ質問したら、これは私のパターンだと言ってるから、こりゃ監督の采配ですから。
もう一つ、田淵コーチ(田淵幸一)とか山本コーチ(山本浩二)は、何やってるの?喝だ、これも!
同級生の子分になって行ってるぐらいだから、喧嘩してでもやっぱり助言したり、やらないと!
関口:これはやめた方がいいとかね。ここで交替した方がいい、この人使った方がいいってやんなきゃいけなかった…
張本:もう一つ、喝入れたいのは、厳しいだろうけどね、こういう首脳陣をピックアップした連盟。喝だ!
関口:親分、大人しい
親分:いやいやいや(笑)、オレの言う事、みんな言っちゃったからさぁ。とにかくね、僕が一番感じたのはね、チームリーダー?、要するにWBCん時はイチローがいたよ。あれが手本で、ところが今のメンバー見ると、リーダーがいないんだよ。
関口:まぁ、宮本さん(宮本慎也)はキャプテンだけどもね。
親分:宮本はだけど、最初の試合でもって二つダブルプレーでしょ?もうアレで、こんなんなっちゃたよね。(手で下降線のような仕草。意気消沈という意味か?) だからその、チームを引っ張っていくだけの勢いがなかったよ、今回ね。
張本:大きなゲームと短期戦にね、星野監督はね、ちょっと弱点がありますね。何故かと言ったら、私の経験から言ったら、私が21歳の時に4番を打ってたんですよ、日本シリーズですよ、決勝戦ですよ。9回に代えちゃうんだもの、私を、水原監督(水原茂)が。頭に来ますよね。延長戦に入ってて、何やってるんだと私はもうベンチで大暴れしましたよ。ところがその日も勝ったんですよ。
関口:それでよかったんですか?
張本:いや、まぁ、結果的には。だから、宿舎行って呼ばれて、「座れ」と。「俺はこれは点獲りゲームだけども、点をやらないゲームなんだ。お前よりもっと上手いレフトがおるから、代えたんだ」と。ところが、納得いきませんけどね。・・・結果的には、そういう思い切り。例えば守備の悪い人いたじゃない、今回。除いてやんなきゃ駄目なんですよ。本人がかわいそうです。本人の責任ではないんだから。
関口:いや、だから、こういう失策6なんてこれもねぇ。
親分:いやもう、ボーンヘッドと言うかねぇ、つまらないねぇ、日本の代表の選手がねぇ、落球したりね、とんでもない凡プレーが多かったよ。
張本:だからねぇ、しばらく首脳陣出てくるなよ。しばらくじっとしといて、余計な事するもんじゃないよ、絶対に。
関口:しかし、張さん、韓国は大喜びでしょ。
張本:いやぁ、韓国、昨日の、新聞記者、責任者に聞いたんだけどね、全然日本と韓国、雰囲気が違うそうですよ。まず、笑う奴が一人もいない、韓国は。一つのボールに監督、コーチ、全部集中して。ひゅっと見ると、日本の場合はニコニコ笑っている人もいるし、バントしてくる、普通のバントよ、皆褒め称えて。韓国は(バントを)当たり前じゃないかという位の顔でね。一つのボールを集中してるから。戦う前から新聞記者はこれは勝てると思ったそうですよ。
関口:張さんとしちゃ、複雑?韓国のこともこう…
張本:やっぱり複雑ですけどねぇ、まず日本に勝ってもらいたい。日本と決勝戦して欲しかったですよ、韓国とは。
関口:やっぱり、日本の野球人としてってことで?
張本:そうですね。だから、(韓国は)大事な後輩だけどもねぇ、しばらく私はもう立ち直れないよ。悔しくて。
親分:まぁ、国際試合の難しさも今回経験したしね。これを元に、まぁ今度の(WBC)出直さなきゃいかんわな。
関口:これで結局正式種目になったオリンピックで、日本は金が取れなかったと。
親分:どっちにしても、ハングリー精神が足りない、日本はな。
関口:ちょっと星野さん頼り過ぎた部分ところもあったかも…
張本:いや、過大評価し過ぎですよ。そりゃぁもう、もう少し冷静に評価していかないと。

一部( )で補ってます。あと、喝部分は分かるように太文字にしました。
きっと、将来自分で引用するような気がしますw
しかしまぁ、関口はいつもながらハリーに発言かき消されてるなぁ。