13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

甲子園でジャンプ禁止

 猛虎の聖地が千葉のビッグウェーブに戦々恐々!? 阪神の本拠地・甲子園球場の関係者は15日、ロッテ名物「ジャンプ応援」のオーバーアクションに警鐘を鳴らした。
 頂上決戦が実現すれば、熱狂的なマリーンズファンが甲子園の左翼席で虎党に負けじと、独特の“タテのり”応援を繰り広げるのは確実。6月3〜5日の交流戦で約3000人(推定)の「黒装束軍団」の熱狂ぶりを目前にした甲子園球場関係者は「お客様の楽しみを邪魔するわけにはいかない。ただ、将棋倒しの恐れもあるし心配です。場内アナウンスなど、現場での対応を考えています」と、対策に頭を悩ませている。
 無理もない。千葉マリンは1998年に完成した比較的新しい球場。約7000席の外野座席は幅42センチ、前後約80センチとゆったりとした間隔で並んでいる。一方、甲子園は1924年に造られたため、約2万2000ある外野席は幅40センチ弱、前後約60センチと狭い。しかも、スタンドの高さは千葉マリンの約1.5倍の15メートル。もし、狭いスペースに慣れないマリーンズファンが足を踏み外せば、将棋倒しの大惨事に発展する危険性もある。
 また、外野スタンドの土台基礎は土のうで補強されているが、上部だけはテナントが内部に陣取るため空っぽのすき間が生じている。「まさか人が飛び跳ねただけで抜け落ちるなんてことはないと思いますが…」と球場関係者。勢いづくチームだけではなく、ファンにも警戒感を強めている。

甲子園にオールスターゲームを見に行った時、色んなチームの応援をするのが楽しみだったのですが、大きめのカバンを持っていってしまったため(野球少年の持つようなショルダーバッグ)足でがっしり挟んで両隣に迷惑かけないようにするので必死でジャンプは出来ませんでした。ライブハウスで疲れた時にやる嘘ジャンプをやるのが精一杯です。まぁ、精一杯だった割には応援ボード持ってったけどw*1他に持ってる人いなかったのはそういう理由なんですかね。来年、交流戦を見に行けたらバッグは絶対必要最小限の大きさのものにしておきます。

*1:周りが気のいいタイガースファンだったので助かった