13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041102-00000409-yom-soci
和田サン14年。足りないだろ。同じ目に遭わせてやるとか、局部をギロチンとか。14年が限度なんでしょうかね。


生徒の血液使い理科授業 和歌山・橋本の男性教諭
えっ。10年前はふつーにやってたよ。うちの学校だけ?ちなみにうちは、血液を判定してみよう。というので、代表で一人だけ(血液型不明の希望者)が指に針を刺してやったんだけど、結果はAでもBでも凝固なし。
先生:「なんや、AB型やわ。えー、ほんまはAかBだとおもろかったんですが(略)」
血が出る授業がだめだったら、今後ドッジボールもダメですよね。転んだら血が出るから陸上競技もムリですよね。あと、家庭科の授業もダメですね。裁縫で針が刺さったのを見て(それも他人の)泣き出すんじゃ、料理やってて包丁で何かあったらねぇ、うんうんわかる分かるよぉ〜・・・って、バカかお前は!小学5年の時、あしたのゲンを見てショックで翌日休んだ人がいたけど、それ以上に痛い反応。この中学生、毎月の物で見慣れているかと思ったらそうじゃないのね。知識は大人、こころは子供という事か。