読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13人がかりのblog

あれこれ好きなヲタ属性人間が敷居を下げるべく書き綴るblog

和田彩花バースデーイベントに行ってきました

8/1はアンジュルムのリーダー、和田彩花さん(あやちょ)のお誕生日です。去年の誕生日は仙台でのハロコンでした。今年はなんと誕生日当日にバースデーイベントが開催されるということで、これはもう行くしかないよね!*1

*1:去年も行きましたが

続きを読む

ニトリ文化ホールへ夏のハロコン(札幌公演)を観に行ってきたよ

 

夏のハロコンを見ての思いのたけ(大袈裟)を文字にしていたので、見返そうと思ったらまとめた気持ちにだけなっていたので、ひとまず形に。一カ月経って見直そうという段階なので、揮発しやすい記憶は当然スカスカに。

 

ハロコン前日くらいまでは涼しい日が続いていたのですが、急に美女が北海道に来て北海道がのぼせ上がったのか気温が急に上がりました。避暑を期待していた遠征組の人もあまり恩恵には預かれなかったとか。

ハロプロ研修生北海道のお披露目がオープニングアクトで予定されていたので、オープニングアクトに備えて早めに入場しました。あとは地元というのもあって、まなかん復帰とかないかなー*1なんて思ってみたり。

まことの紹介で登場した北海道の研修生…小さい?研修生と言われて、私は勝手に中学~高校生を想像していたのだけど、自己紹介が12歳だらけ。結果、11歳と12歳だけとか。将来を見据えての研修生入りということなんでしょうね。

 

各グループが他のグループの曲を歌うのも単純に楽しかった。アンジュルムによる「チョット愚直に!猪突猛進」も聴けて良かったー。各グループ、本家食いしようという意気込みみたいのを感じました。


こぶしファクトリー『チョット愚直に!猪突猛進』(Magnolia Factory [Foolishly Honest! Impulsive Actions!]) (Promotion Edit)

Juice=Juiceが歌う「臥薪嘗胆」もすごく良かった。

 

あと、ある年のハロプロの曲をその年に生まれたハロプロメンバーが歌うコーナーも良かったです。

 

 そして、さすがにもうやらないだろうなと思っていた「嗚呼すすきの」を糸島Distanceの衣裳で歌うとは思いもよらなかったw 大事にしてくれてるのかなとうれしい反面、糸島~も聞きたかったw

 

アンジュルム北海道公演、お待ちしておりますよ!!!

あと、ハロコンでは「通路降臨」なるものが存在していて(もちろん、握手などはできません)、去年は仙台で通路席だったので「うおおおお!」と喜んでいたら、自分とは反対側の通路に降臨して、しかも石田亜佑美ちゃんだったのでお客さんに埋もれて見えないという悲劇があったのですが、今年はどちらの通路からも一番遠い席だったので「あまり降臨とかは期待しないでおこう。」と思っていたら、まさかの自分の数列後ろが一時的に第二のステージのようになる場所、しかも「お立ち台」でした。

 ライブハウスツアーでもそうそう見られない距離であやちょ*2を見られてうれしかったです。内心「うわー!きたこれ!!!」と思いましたw

 あと、他グループが歌っている間、ひな壇で他のメンバーが聞いてる構成じゃなくなったので、ステージに集中出来てそれも良かった。

 

 

 

ハロコンからおよそ一カ月経過した今になってみれば、多分、私が℃-uteを見る機会はこれが最後だったのかな*3

 

あ、あと、ダンス部。あれは目や処理する頭がいくつあっても足りない感じなので、全員のソロアングル見てみたいです。

*1:数日後に全く逆の発表がなされましたが

*2:和田彩花さん

*3:冬のハロコンには出ないらしい

アイロンプリントを試してみた話

きっかけ

自作Tシャツと言えば良いのでしょうか、自分でデザインしたTシャツをスマイレージが改名してメンバーカラーが変わったあたりで慌てて作ってから時々業者に頼んでいます。

A社は割とデザインに厳しく価格が高めだけど発送が速い。B社はプリント位置の選択の幅が広くやや安価、しかし運送が佐川の一択で時間がかかったり、梱包が破損*1する事がある。運送で難はあるけど、B社を愛用(?)しております。

 

が、私はバカなので、今いるメンバー全員大好きー!という気持ちを込め過ぎて全員のイラストが入ったのばかり作っているため、卒業メンバーが出るたびに着られなくなっています。

 

今回ちょっと着て行きたいなと思うイベントがあったので、試しというと言葉が悪いのですが、業者に出さないで作るとどういう塩梅なのかな?とアイロンプリントをすることにしました。

 

*1:これは完全に佐川急便の問題ではあるのですが

続きを読む

アンジュルム コンサートツアー 2016春 『九位一体』 ~田村芽実卒業スペシャル~ へ行ってきました

ついにこの日が来てしまった。個人田村芽実としての活躍を願うのは言うまでもない反面、アンジュルムのあのパフォーマンスを見続けたかった気持ちも強くて、めいめいが二人いたらいいのになー。なんてことを思っていたのですが、めいめい卒業公演の日が訪れました。

私の座席は2階席のU列という後ろから片手で数えられるような座席。表情なんてとても見えない席でしたが、9人の動きは見られたし、舞台効果の一部と化した客席の煌めきも見られたし、せり上がる舞台もしっかり見る事ができました。ま、負け惜しみではないです(;∀;) それは半分以上冗談で、天空席から見る客席の煌めきはなかなか圧巻でした。

オープニングの演出はホールツアーとほぼ同じ。映画の始まりみたいなんですよね。周りから「おぉーっ」「すごい」という声が聞こえてました。ステージ中央の扉が開き、漏れ出た光がメンバーのシルエットを浮かび上がらせる中、9人が登場。九芒星の描かれたセンターステージへ。マイケル・ジャクソンを連想する風切り音に乗せた動きは戦いに臨む剣士のようでも。そこから畳み掛けるように歌い、ボルテージも一気に上昇。MCも今までのライブだと「和田彩花でーす。えー、今日は…」とか「はーい、勝田里奈です。今日は…」と自己紹介して挨拶という形だったものが、「九位一体」ツアーでは、「佐々木莉佳子、…ます!」とビシッとした決意表明に近い挨拶が、疾走感を感じさせます。

続きを読む

「徹子の部屋展」を見てきました

4/29〜5/10、さっぽろ東急百貨店で開催されている「徹子の部屋展」を初日に見てきました。元々関心があったので、前売り券は買っていて、悪天候で初日なら割と落ち着いて見られそうだと急遽思いついての出発です。
その日の客層としては基本的にご婦人が9割。私が多分最年少。収録スタジオを再現したセットを見られるというので楽しみにしていたのです。15:30〜17:00の間は撮影のため見えなくなるとのことで、15:15ごろに慌てて入って他の展示物はさておきまずセットを見に行ってぎりぎりセーフ!いぇーい!

…のはずが、既にセッティングは始まっていてとてもじゃないけど近くに行けない雰囲気。ちょっと、こういうのも表の看板に書いておいてくださいな。

展示は年表パネル、全放送回の出演ゲストが書かれたリスト、楽屋を再現したセット(愛用の品々の展示も)、最近出演したゲストの寄せ書き状サイン入りのポスター2部(ももクロなどありました)。放送前の様子などのVTR、撮影セット、実際に着た衣装、衣装を疑似体験できる場所、チャリティーオークションの品などです。

私、おしゃれはからっきしなのですが、フィギュアスケートの衣裳だったり、ハロショで展示されている衣装の設え具合を見るのは大好きなので、実際に徹子さんが着ている衣装を見ることが出来て楽しかったです。本当に手が込んでいて、こういう突飛な衣装を着られる三傑*1だなぁと。そこで出会ったであろう奥様同士が「私、徹子さんのお召し物が楽しみで毎日録画してるんですよ」などと話していたり、ヴァーチャルで衣装を着ることができる(指定位置に立つと鏡のように目の前に用意されたモニタに自分が写り、数種類の実際の衣裳と同じ物を仮想的に着る事ができる)コーナーでもOVER70のご婦人が本当に少女のようにはしゃいでいて「魔法のようだわ」とおっしゃっていたのが印象的です。

その日は実際に徹子さんが来道して高橋惠子さんをゲストに収録をするとのことで*2、実際に見る女優さんは本当に美人だなと、フロアに広がる感嘆の声を聴きながら感じたのでした。

年表パネルには、恐らく黒柳徹子史を語る上ではキーとなる人々との写真だったり、その人について述べた書籍の一節が記されたりしていたので、NHKで放送開始されたドラマ「トットてれび」を見るのにも参考書的な位置づけになるというか、そういったキーパーソンの方はほぼ鬼籍に入られていて、それを慮ると何とも言えない気持ちになるのでした。

*1:個人的に勝手に。黒柳徹子、楠田絵里子、今くるよ師匠

*2:だから、所定時間封鎖されていたのか

Hello! Project 2016 WINTER 〜DANCING! SINGING! EXCITING!〜へ行ってきました

2/20(土)にニトリ文化ホール(札幌)で開かれたハロプロのコンサートに行ってきました。今までは全席同一価格だったのですが、今回よりSS席、S席(一般席/一般女性専用席)、A席が設定されました。SSはファンクラブのみの設定です。SSとSの価格の差もさしてなかったものの、ニトリ文化ホールは元々ステージと最前列との距離が割と離れている作りになっているので、SSでそんなに前じゃなかったらショックだなと思い、女性専用席の方が視界が確保できるかと思ってS席の女性専用席を取りました。SSの方がSより良い席なので…私の席はS席の最前列ですなわち前列からはSS席が広がります。自分の視界の正面にはいなかったものの、推しジャンする人もSSにはいるので小柄な女性は視界確保が難しかったのではないかと思います。ちなみに去年は上手側の最前列から数列が女性専用席だったと記憶しています。

個人的にはセンターエリアの前方をSSにして、ちょっと見辛そうな端のエリアにS-A席、少し後ろにS-B席、その後ろにA席、高校生以下対象(要学生証)のB席なんかもあれば、「一度行ってみようかな」には応えられるような気がするけど、席の割り振りは実際なかなか難しいのでしょうね。自分の真正面にはジャンプする人はいなかったのですが、数列前にずば抜けて背の高い人がいたので、見辛いなというよりもこの人普段から「うわ、デカくて見えない」とか言われ続けてるんだろうななどと考えてしまいました。
MCは今回もシャ乱Qのまことさん。林業に没頭してMCに戻ってこなかったらどうしようと心配してましたが杞憂でした。

各グループが入れ代わり立ち代わりステージに登場して歌を披露していきます。そして、曲ごとに横のひな壇にも他のグループのメンバー(グループごとではなく、各グループから数名)が座って一緒に振付をしたり、ノリノリで聴いてみたり、熱視線を送ったりしていました。一公演しか行かないと次に誰が出てくるのか予想もつかないので、キンブレ(電池式の多色発光型のペンライト)の色替えもなかなかに忙しかったです。あとステージも見たいけど、ひな壇にいるメンバー(あやちょとめいめいだったり、むろたんとあいあいだったり)も気になって見てしまって、どこを見たら良いのか分からないディズニーパレードみたいな状況になっているのもハロコンの特徴な気がします。

今回の目玉は、多分各グループが他のグループの曲を歌うコーナーだったんじゃないかと思います。私が楽しみにしていたのは、アンジュルムによるこぶしファクトリー「念には念」でした。ちゃんと借り物ではなくてアンジュルムっぽいく仕上がっていたので、満足♪

そんなこんなであっという間に2時間半*1ハロコンは終了し、千秋楽とはいえ特に何か特別な事もなく、ハロヲタの「ハロプロ最高!」という掛け声が終演後の会場に響いて冬のハロコン全公演は終了しました。

  • 雑感

メジャーでCDリリースしてないから仕方ないんだけど、つばきファクトリーだけ開演前のCMなくてなんか寂しい。
ドラマ「武道館」でお馴染みにアイドルグループ「NEXT YOU」は……、やっぱりあのマイクの羽飾りが邪魔だなーと。全員顔ちっちゃいからあの羽飾りで顔隠れてまうんじゃないかと気が気じゃないんで、すっきりしたマイクでもいいのになぁ。
あとちょいちょい「嗚呼すすきの」効果で私達は北海道では歓声が大きくて云々と話す事のあるアンジュルム(元スマイレージ)が、確かに歓声が大きかった気がした。今回やった曲はどれも勢いのある曲なので余計にそう感じたのかもしれないけど、私が大声出した訳でもなく歓声が大きめだった気がします。
直近の曲を披露した関係なんだけど、やっぱり娘。は最新シングルやると鞘師のイメージが強くて、ううむと思うところがありました。そして、だーちゃん*2のソロダンスは見入っちゃいますね。

*1:今回のハロコンは。毎回この尺という訳ではない

*2:石田亜佑美

トークイベント&握手会inHMV札幌ステラプレイス店に行ってきました

いつもならば「ハロプロ最高!」というコールが響く会場で余韻に浸りながら着替えて帰るのですが、今日は勝手が違うのです。何故なら、ハロコン終演後の19:30からHMV札幌ステラプレイス店でアンジュルムのトークイベント&握手会が開かれるのです。
たいていのインストアイベントというのは、イベント当日中の予約・全額入金が必須となります。いつもであれば開店後から受付が始まるのですが、今日は午前中にこぶしファクトリーのトークイベント&握手会も開催されていたので混乱を避けるためなのか、16:30から予約の受付が開始でした。あの…ちょうどハロコンが始まっているのですが…。そして、こういうイベントの場合は優先エリアへの入場整理券が配られます。早いもの順ではなく、ランダム配布なので早く来て3桁の整理番号の可能性もあれば、ギリギリに来て一桁の整理番号の可能性もあるのです。
そんな訳で番号はともかく優先エリアへ入場したいその一心でタクシーに飛び乗り、札幌駅方面へ。店舗へたどり着くと続々と同じようにニトリ文化ホールから移動してきた人が予約列に並び始めました。なかには会場から店舗まで走ってきたという人もいてびっくり。イベント開始直前に後ろの様子を見ようとしたのですが、正直人が多くてどこまで人がいたのか今一つ分からない。少なくとも今まで私が見に来たイベントでは一番人が入っていたように思えました。

この日は、中西香菜ちゃん、室田瑞希ちゃん、佐々木莉佳子ちゃんの3人によるトークが繰り広げられました。

オープニングトーク

特に題は決まっていなかったけれど、北海道と言えば…という話が出ました。むろたんは以前のトークイベントやライブMCでもすっかりお馴染みとなっているきのこ王国の話を。
中西「何?きのこ王国って?きのこ王国?(と言ってむろたんやりかこの髪型を指す。もちろん二人は否定)きのこのバイキング?」
室田「えのきの試食が出来るんです*1
中西「えっ\アカリデモハラエルッ!/(タケちゃん*2のモノマネ)100円ならタケちゃんのバリバリ財布でも払えますね。」

クイズコーナー

北海道に関するクイズを3問出して、全問正解できたらかななんがむろたんとりかこに色々してあげる、一問でもはずれたらマッサージをしてもらうというもの。
1問目がクラーク博士が残した有名な言葉はという設問。出題役のかななんが漢字を読むのに不安があるためふりがなを振ってもらっていたのですが、「少年よ、大志を抱け」の大志に何故か「たけし」と振られていて、かななんがそのまま「少年よタケシを抱け」と読み上げるおかしな展開に。
2問目も「北海道県民にはお馴染みの…」と京都府県民、東京都県民みたいなおかしな言い回しになっていて、客席からエーッと声が上がる。これまたスタッフさんが書き間違えていてスタッフさんは平謝りしていました。
結局むろたんとりかこによる全問正解はならず。しかし優しい中西さんはマッサージの代わりにハイタッチを要求して終了。

キャラクターにメンバーを当てはめるコーナー

他の会場ではサザエさんの登場人物をメンバーに当てはめていきましたが、今回は「クレヨンしんちゃん」です。
野原しんのすけ:りかこ…眉毛が似ている
野原ひろし:挙手したファン…※ひろしの説明で足が臭くて云々とあったので、メンバーでの該当者なし
みさえ:かみこ*3…目がぱっちりしているところが似ている
ひまわり:かみこ…理由はみさえと同じ
ぼーちゃん:あいあい*4…特に理由には触れず。分かるでしょうということか
しろ:かななん…白くてやわらかいので
ネネちゃん:りなぷー*5…おしゃれだから
ぶりぶりざえもん:りかこ…眉毛が似ている

握手会後の挨拶

握手会も終わり、最後にメンバーから一言ずつ。という流れでまずは最年少のりかこから。
佐「皆さんにお知らせがあります。」
中「えっ、何?(おびえながら)」
いやいやいや、○○からのお知らせに怯えるオタクじゃないんだからw でも、割とまじでびびっていました。
結局、お知らせというのは3/19・20にパシフィコ横浜で開催される「ひなフェス」が本日2/20よりチケット発売になっているので、是非来てください。という本当にきちんとした「お知らせ」でした。

*1:100円で色んな種類のきのこ惣菜が試食できるらしい

*2:竹内朱莉ちゃん

*3:上國料萌衣

*4:相川茉穂

*5:勝田里奈